« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

Go!プリンセスプリキュア #17.

「まぶしすぎる!きらら、夢のランウェイ!」

星のプリンセス担当・天の川きららさんの母上・ステラさん
登場話。そういえば、今回は

「同じ夢を目指す母親と娘の話」でもあったんだと今更。
こういうのがニチアサ女児アニメで作られるのが
「平成」なんだなあ、と改めて。

明日はきららさんが「やっとつかんだ夢の舞台」本番の日。
今頃頑張ってるよね、とみなみさんとはるかさんが語って
いるのにご本人登場。

「頑張ってないよ?じゃ会場行ってみる?」
と誘われていってみれば。

ステラさんもおられました。久しぶりの母娘の邂逅に、
きららさんのほうは少し呆れ気味でしたが。

「さらっと」ランウェイを流しただけのステラさん。なのに
会場の空気がびしっと変わる。さすが現役トップモデル。
きららさんが歩いてみても、やばい。膝ががくがくする。
どうしよう、今更緊張してきた;。

娘の緊張に気付いたステラさん。さすがに母親です。
「ねえ皆さん、今夜はうちに泊まって。」とさっそく
根回し。ママは何言ってるの?こっちは明日が心配
なのに!もう、本当にがさつで空気読めないんだから!

と言うわけで。
ステラママの「今に始まったばかりじゃないの!」を、
結局延々と聞かされる羽目になったはるかさんとみなみさん。
うん、ここまで来たら付き合うから。
それを陰ながら見て、しめた、みたいな感じのママさん。

翌日。
愚痴を聞いてもらってすっきりしたきららさん。
昨日までの緊張が取れていることに気付きました。
そうか、ママはこれがしたかったの。

そんな開幕寸前。
黄昏姫さんとシャットさん登場。
わざわざランウェイに登場した姫さんを見て、

「本物のプリンセスみたい。」の声に対して。

「当たり前じゃない。」とつぶやく姫w。

今回のターゲットはステラママ。
「娘と一緒にランウェイを歩きたい」という「夢」が
狙われましたが、夢の大きさや強さ具合でゼツボーグが
複数作成されるらしい。夢が強く願われるだけゼツボーグも
強いのが厄介ですが。

ママの願いが分かった以上、こんなことに負けるもんですか!
なきららさんの元に。ママの「中」からドレスアップキーが
「錬成」。アイコンは「シューティングスター」つまり流れ星。
流星群、と言うか、大量の星吹雪で相手を撃退できる模様。
七瀬さんいわく、
「綺麗」だそうなので、目くらましにも使えそう。(おい)

二人で舞台、の夢は叶っちゃったけど、どうする?の問いに対して、

「今度は二人でトップモデル!」と新たな夢を語るママ。
きららさんの夢はまだその向こうにあるみたいですが、まずは
そこが目標、と言うところ。

父親と息子の関係は昔からよくテーマにありますが、母親と娘は
今の時代なんだな、とつくづく。子供の接し方は父親と母親では
違うしなあ。

で次回。はるかさんの「人生の師匠」でもある絵本の作者さん話。
遂に黄昏姫が大きく動くようでもあります。

追記。
「強く、優しく、美しく」の「美しく」担当のきららさん。
まさしく、「光り輝く」そのものであります。
「天の川」に「流れ星」と言えば、昔は
「星の影」で「宇宙の塵」だ、と例えた
「ヒロインのキャラソング」があったりしましたが。
…時代は変わるものですw。

にほんブログ村 テレビブログへ

Go!プリンセスプリキュア #16.

「海への誓い!みなみの大切な宝物!」

みなみ兄・ワタルさん登場。と言いつつ、新たな玩具
販促回でみなみさんの「海のプリンセス」ぶりを深く
掘り下げた回。いかにして
「12のプリンセスキー」のそれぞれを持つにふさわしいかが
描かれるのは、凄く説得力があるというか。

みなみさんの後ろ盾、というか、ご実家である海堂グループ
系列のウォーターフロント沿いのリゾートホテルでの
パーティー(長;)に呼ばれたはるかさんときららさん。
ゆいさんはどーしたとか気になりますが、さておいて。

ここで語られたこと。
みなみ兄・ワタル氏は既にこのホテルを任されてる身であること、
みなみさんもいずれは系列のどこかに君臨するであろうこと。
(はるかさんが「出来上がってる」というのは、文字通り
「海のプリンセス」としてだと思われ)

そして、過去に助けてくれたイルカのチナ…もといティナさんと
仲良しであるということ。色んな意味で、
「マーメイド」の名にふさわしいエピソードが語られますが。

みなみさんと兄氏は12歳くらいは年が離れているように
お見受けいたしましたが、それだけ年齢差があれば、
「憧れ」の対象にもなりうるでしょう。いずれにしても
兄妹の仲良しぶりを見て、黄昏姫が

「胸がうずく」とおっしゃられたのには、家族もしくは
兄妹になにがしかのトラウマ、と言うか伏線があるのは
想像に難くない、はず。

「ゲームで」仕掛けてきたチーム黄昏姫
 VS
「大切な海を本気で守ろうとする強い思い」のプリキュア
と言う対決のの結果、マーメイドさんが新たなキー
「バブル」を入手されたわけですが。

黄昏姫の所持するキーも、そのうちの一つであっても
おかしくないなあ、と思ってみたり。

追記。
イルカと仲良し、と言うことで懐かしのトラウマアニメを
思い出した次第ではありましたがw。
(主人公の種族の女子が幼年期は人魚形態、というあれです)
どっかの人魚さんはフラれた元彼だったなあ・・イルカw。

追記その2。
水着はご法度で有名なwプリキュアさんですが、ウェットスーツは
その限りに非ずと言うw。そういえばかつて、敵さんも含めて
周り一同がウェット着用の中、一人海パンでスキンダイビング
なさっていた主人公さんがいたなあ;。いや昔の話ですけどw。

追記その3.
「シャチになりたい」ワタル兄。この一言で水滸の鎧が
(ゲフンゲフン)。

にほんブログ村 テレビブログへ

Go!プリンセスプリキュア #15.

「大変身ロマ!アロマの執事試験!」

今週は、書けるうちに書いておこうw。

謎生物?アロマ君のお当番回。彼は「執事見習い」
だったのか。まあ、「プリンセス」がキーワードな
この作品世界では至極妥当か。
(ちなみに妹のパフさんはメイド見習い。…これも
妥当と言えば妥当だけど)

ミス・シャムールの「アフタヌーンティー試験」をパスした
はるかさん。試験つながりで、
「アロマが前回の執事試験不合格だったこと」を思い出した
シャムールさんは、この機に「再テスト」を提案。

「人間態になって、はるかさんの一日執事をこなす」が
課題となりましたが、アロマ君は、

「執事見習いの僕がたてた完璧なプリンセススケジュール」
をこなすことしか眼中にない模様。どう見てもはるかさんが
それに振り回されてるとしか見えない状況で。

結果はどうであれ、アロマ君の心意気をくみ取ったはるかさん。
「一緒に頑張ろう」と共闘を提示。実はスペック高の彼女だから
出来ることであって、主人が執事に協力した時点で、テストとしては
結果が出てしまったことはさておき。

予想通り?再テストの結果は不合格。
「貴方は前回から何も変わってない。」というシャムールさんの
言葉に憤ったアロマ君、思わず走り出してしまい。

車にはねられそうになった際に、通りすがりの「老婦人付きの
執事様」に助けられました。観たところ、全方位的に完璧な
執事さんですが、

「ご主人様の荷物」を投げ捨てても、通りすがりの自分を助けて
くれたことに疑問を持ったアロマ君。

そこにロック君を引き連れて現れた黄昏姫様。老婦人の夢を
ゼツボーグ化するはず…だったのが、文字通り、執事さんが
「身代わり」に。

とりあえず、単身で立ち向かうキュアフローラさんですが、元が
優秀なだけに、かなり今回のゼツボーグは手ごわい。遂には
本のお化け?みたいなものに挟まれそうに。

「さよなら、自称プリンセス。押し花くらいにはなれるでしょう?」
…黄昏姫さんは、実にとんでもないことをさらりと言ってのける。
これが生まれながらのプリンセスの余裕なのかもしれませんが。

フローラさんを助けるために、
「今の自分に出来ること」=「マーメイドとトゥィンクルに知らせること」
を選んで走り出したアロマ君人間態。鳥に戻って飛んだ方が早いのでは?
と思いましたが、きっと「そういう設定」だったんだろうとして;。

ここしばらくフローラさんの販促が続きましたが、今回は
マーメイドとトゥィンクルさんのアイテムがメイン。つか
この二人は何気にコンビ技を磨いてるような気がしてるw。

無事に執事さんの夢を救ったフローラさん。夢は未成年だけのもの
ではなくて、成熟した大人にもあるんだよ、とばかりに。

今回の活躍を以て、追試合格を言い渡したシャルームさんに対して、
返上を申し出たアロマ君。とりあえず
「大切なもの」が分かったのでしょう。今回のシリーズでは、
夢に向かって努力することの難しさとか、達成したときの素晴らしさとか、
そういうのを直球に投げ込んできてるなあ、と思います。

で、次回。

スキューバネタに、みなみ兄・わたる君登場w。
意外に登場早かったなあw。

にほんブログ村 テレビブログへ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »