« ハピネスチャージプリキュア! #47. | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー  第43駅  »

仮面ライダードライブ 第13話 

「私の弟にはなぜブレーキがないのか」

しばらくレビュー休んでたら、こんなに進んでたのか;。
いや、一応は観てました。とりあえず、たゆまなき販促連打。
…クリスマスだったしねえ。(え)

と言うことで。ドライブの各モードが出そろったところ?
で、定番の
「2号ライダー」登場の季節だったんだ;いやはや。

前回は、まるっと「仮面ライダーマッハ」君のお披露目。
で、今回は「彼の人となり」。いろんな意味で。

この真っ白い「バイク乗り」君は、霧子さんの実弟だそうで。
「二号ライダー」がヒロインの身内、と言うのは以外にも
珍しい、と思いました。けど、今回の霧子さんの設定が、

「ドライブのサポーター」

であることを鑑みれば、有りと言うか。つか、

「進兄さん(はあと)」と嬉しそうに言うあたり、面白いと
言えばその通りですが。
(というか、りんなさん。進乃介狙い設定なんですかw。
ベタな三角関係だけど、それくらいあってもいいかな。)

「俺たち、敵の力を利用して戦ってるんだから」
…正しい「仮面ライダー」の系譜ですw。

「俺がお前のブレーキになる」
…なんか新しい、と言うか。

弟=マッハ=剛がいろいろと「急いで」いるのには、
何か身体的な事情があるような気が。それと、
チェイス=死神さんは、実は「こっち側」の人間だったり
するんじゃないかな、と思います。

追記。
そうか、マッハ=剛(go go)から来てるのか。
あの車体も白だったしなあ(おい)。

にほんブログ村 テレビブログへ

« ハピネスチャージプリキュア! #47. | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー  第43駅  »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/58570167

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダードライブ 第13話 :

» 仮面ライダードライブ 第13話 [Kyan's BLOG V]
仮面ライダードライブ 第13話 「私の弟にはなぜブレーキがないのか」。稼働時間が限られていることこそブレーキなんぢゃね?(苦笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。 [続きを読む]

» 今日の仮面ライダードライブ 第13話 [地下室で手記]
「私の弟にはなぜブレーキがないのか」 ベルトさんは恩師のハーレー・ヘンドリクソン博士と電話で話し、剛が訓練中に勝手にアメリカを離れて日本にやってきてしまった事を知ります。 マッハは完成しているがまだまだ危険、ドライブを超えるネクストシステムをいれて開発されているもの。 進ノ介はドライブを越えてしまうという所にひっかかり、霧子は弟が自分に内緒で仮面ライダーの資格者にされていた...... [続きを読む]

» 仮面ライダードライブ 第13話★0は栄光のナンバーだ [世事熟視〜コソダチP]
仮面ライダードライブ 第13話 「私の弟にはなぜブレーキがないのか」 弟の剛が仮面ライダーマッハに変身することを初めて知った霧子は憤然。ベルトさんを挟んで、進ノ介とも大モメに。が、当の剛はそんな騒ぎをニヤニヤと見守っている。“どんより”を引き起こすバンドをつけた3人組の強盗団が現れた。どうやらバンドを売りさばく何者かがいるらしい。進ノ介らは捜査を開始するが…!面白くない。 事件部分が雑で、全然面白くない。 だから集中力が切れちまって、ガンマンや018が何をしたかったのかいまいち把握で... [続きを読む]

« ハピネスチャージプリキュア! #47. | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー  第43駅  »