« ハピネスチャージプリキュア! #4 | トップページ | 仮面ライダー鎧武 #19. »

烈車戦隊トッキュウジャー 第2駅 

「俺たちはここにいる」

「死んでいるも同然」という言葉の意味。

のっけから重要項目に触れてきましたが、確かに、

皆幼馴染で、昔の思い出はあるにせよ、それが断片的で。
記憶があやふや=アイディンティティが不安定
       =生きている実感がない
       =死んでいるも同然

につなげている、と言うことか。

そして。
「決闘が原駅」の住人達が
「死んでいるも同然」状態なのを自分たちになぞらえて。
「生きている姿が想像できるから大丈夫」と言うイマジネーションに
持っていくと言う展開。

でも、実はまだ謎が残っているらしいのが。
さて、5人はどうなってるんだろう?と言うのは今後の伏線として。
おそらくは、
「生きること」と「死んでること」の対比がテーマになると
思いつつ。

とりあえず、二刀流デフォルトの決闘命敵役さんが、
トンネルの入り口で刀を折ってしまったネタ。
ここではギャグだったけど、実際はかなり怖いことで
あるのは変わらず。

それにしても、トッキュウオーのデザインがものすごく突き抜けてることに
感動。こんなにわかりやすい戦隊ロボがあっただろうか。(え)
ワゴンさんえろっちいしw。(えええ)

にほんブログ村 テレビブログへ

« ハピネスチャージプリキュア! #4 | トップページ | 仮面ライダー鎧武 #19. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/55139353

この記事へのトラックバック一覧です: 烈車戦隊トッキュウジャー 第2駅 :

» トッキュウジャー 第2話 [Kyan's BLOG V]
烈車戦隊トッキュウジャー 第2駅 「俺たちはここにいる」。生きていると死んでいないは同じではないと描く一本なのかもしれない。 続きは読みたい方だけどうぞ。 [続きを読む]

» 今日のトッキュウジャー 第2駅 [地下室で手記]
「俺たちはここにいる」 5人がトッキュウジャーに選ばれた理由は、死んでいるも同然とチケットが口を滑らせて終わった前回からの続き。 死んでいるという事で自分たちが幽霊なんじゃないかと騒然としはじめた所に、車内販売員のワゴンさんが、とて~もおいしいお弁当や、あは~んなお茶、ウフンなお菓子を売りにやってきます。 車掌さんはとてもそんな状態じゃないと、ワゴンさんを帰してしまおうとし...... [続きを読む]

« ハピネスチャージプリキュア! #4 | トップページ | 仮面ライダー鎧武 #19. »