« 「あまちゃん祭り」感想。 | トップページ | ドキドキプリキュア!#46. »

相棒(12)第10話元日スペシャル・感想。

お正月恒例?なので、まずはこれから。

享が「事件」に巻き込まれて云々、と言うのは結構目新しく
ないにしろ。
今回のように通りすがりの少年に、
「あなたじゃないと自分が殺される」
→爆弾体中に巻き付けられ。

と言うのはやっぱりインパクト大、かと。で当然、
爆弾→テロリストな流れで、
「暫定犯人」が宇崎竜童氏な時点で、
「きっとこれには深いわけがあるに違いない」と
視聴者に謎かけをして、捜査本部に
「遺伝子的にサラブレッドな」お偉方さんがやってきて、
(しかも中の人が梨園関係者!)だとすると。

ラスボスは経験的にこの偉いさんだよなあ、と算段は付いてしまう。
(違)でも女性ジャーナリストさんはどう絡んでくるんだい?
みたいな結果。

そこにオチが来ましたか、なのはさすがと言うか。

「相棒」シリーズは政治寄りと社会よりの脚本に分けられると思ってる
管理人的には、うまいことミックスしてる今回の脚本にさすがだな、
と思った次第であります。まあ、ラストの「ネタバレ」というか
右京さんと正木氏のやり取りで色々と語ってしまうのは尺の関係
とは言え、仕方ないことかと思いつつも。

元日の夜に、こういうしっかりしたドラマが放送されることに
感謝しないといけないなと観た後、今年も思いました次第です。

にほんブログ村 テレビブログへ

« 「あまちゃん祭り」感想。 | トップページ | ドキドキプリキュア!#46. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/54472411

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒(12)第10話元日スペシャル・感想。:

» 相棒season12 (第10話 元旦スペシャル・1/1) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
テレビ朝日『相棒season12』(公式) 第10話 元旦スペシャル『ボマー』の感想。 亨(成宮寛貴)は体に爆弾を巻きつけられた少年・悠馬(大和田健介)と出会う。彼を助けようとするが、謎の人物の脅迫により逃亡犯として追われるはめに…。 ---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用--- 良くも悪くも、いつもの元旦SPレベルで終了… 配役か...... [続きを読む]

» 相棒(12)第10話元日スペシャル [レベル999のgoo部屋]
『ボマー』 「ボマー〜狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」 内容 有休の消化のため、海外へ向かおうとする享(成宮寛貴) そのことを花の里で、右京(水谷豊)幸子(鈴木杏樹)に話をしていた。 上海で悦子(真飛聖)と落ち合ったあと、イギリスへ向かう予定だと。...... [続きを読む]

« 「あまちゃん祭り」感想。 | トップページ | ドキドキプリキュア!#46. »