« ドキドキプリキュア!#11. | トップページ | 獣電戦隊キョウリュウジャー #9. »

宇宙戦艦ヤマト2199第五章「望郷の銀河間空間」感想。

初日に行ってきました。テレビでいずれオンエア分かって
ますが、何分にも当日はツイッター実況したいのでw。(え)

このあたりから、オリジナルのリメイクではなく、
そろそろ現監督の「思うところ」が反映されるというか。
今回はかなり「ガミラス愛」が強いからなー;。でも、
「たった一隻の戦艦」によって、惑星国家丸ごと全滅、
というのはあまりにも荒唐無稽なので、「始まりの終わり」
を描くのであれば、このあたりから兆しを入れないと、と
いうことなのかも。

図らずとも、「反乱」が双方ともにおこる、という。
しかも、反乱の首謀者を見事にあぶりだして、失敗に
終るところまで一致というか。

一応、ヤマトサイドでは、「イズモ計画の残党」が起こす、
ですが。まあ普通に考えて、

目の前の地球型惑星>>>越えられない壁>>>イスカンダル

ですしね。しかも、オムシスが不調になってるし。…おそらく
酷使のせいとしても。このあたりの成り行き、というか伏線が
最初から見てきたものとしては見事としか。

作画的に、新見さんの「随所にオンナノコが垣間見られる」
細かい芝居に脱帽、でした。確かに「ヤマト」という場所には
随分と違和感ありまくりだし、いかにも何かあるよな、というか。
…個人的には、任務中の島に、

託を書いたメモを回す

という、まるで女子中高生みたいな新見さんが素晴らしかったですよw

しかも、藪がきっちりとここでも
「反乱側」にいるし。でも今回はどう見ても酌量の余地があるのが
大きな違いというか。

モモタロス伊東君は、沖田という人を知らな過ぎたことが敗因だった
と思います。謀ったつもりが謀られていたわけですから。
「だから女は嫌いなんだよ!」のセリフの背景が、大いに気になる
のではあるのですがw。

で、首謀者は営巣行きとして。今後の展開にどうかかわってくるかが
気になります。

結果。以前から視聴者的にも懸案だった、
「森雪はユリーシャ・イスカンダルという異星人なのか」は、
一応解決しました。でも。

「森雪」という「高級官僚令嬢」なのかどうかはまた別、というか。
そして、岬さんは単に監督の「お気に入りキャラ」をもじっただけ
ではなかったというか。結構仕掛け、はいってたというか。

とりあえず、
「髪をほどけば別人」設定は「マリア・コーム」でしたというかw。

そして、ガミラス。相変わらずおっさん尽くしですが、このあたりの
皆さんにシンパシー感じるのは、やはり見る側がそれだけ経験値を
あげてきたからかと。でもエリーサ夫人はガチ、なんだろうな。

で、ビーメラ星のエピソード。こう使いましたか。というか、
イスカンダル人の人となりが暴露されたというか。

知的生命体のいる惑星に、彼らを絶滅の危機から救うために、
「波動コア」を渡しに行くという。それを遂行するのは、
王家の姫君たち。しかもそれが「王家の一族」として認知
されるための「試練」だとか。
…個人的には、「妹たち」=女王のクローン説を信じてますw。

・そして、古代守。

明らかに新見さんはこの章のヒロインですw。改めて、技師長との
関係も込みで、過去の話が明らかに。
「存在そのものが華やか」な守兄。うん、その通りだった。で、
彼との友情を大切にしている真田技師長。新見さんとは「別れた」
とおっしゃられてましたが、もし旧作に沿って、
「そういうこと」になってたら、どうなるのかと;。

「もっと兄さんの話を聞かせてくれ!」@戦術長。
まあそうなるでしょう。この兄弟の年齢差を考えると。
それに、戦術長はもともと「お兄ちゃん大好き」弟君だし。

いわゆる「要塞島二人っきりのミッション」ではなくなりましたが、
それでも雪さんは、「その場を壊す」ことをしてなかったのがw。
真田さんは、「例の設定」ではなくなってるし。

ということで。あっという間の4話上映でした。次回は予定より
早くなるようです。うん、頑張って生きていこうw。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと 好きな男性と出会う 出会い漫画編

« ドキドキプリキュア!#11. | トップページ | 獣電戦隊キョウリュウジャー #9. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/51234934

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2199第五章「望郷の銀河間空間」感想。:

» 『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章/望郷の銀河間空間』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
劇場公開版第5弾は第15話「帰還限界点」、16話「未来への選択」、17話「記憶の森から」、18話「昏き光を越えて」の四話分を再構成。 旧作の16話「ビーメラ星地下牢の死刑囚!」、18話「浮かぶ要塞島!たった二人の決死隊!!」、20話「バラン星に太陽が落下する日!!」、21話「ドメル艦隊決死の挑戦状!!」などをベースにしているものの、プロット段階で没になったエピソードなども取り入れたオリジナルの話になっており、シリーズも後半戦に入ってきたためか、序盤から散りばめられた伏線の回収が始まっている。 ... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199/第五章 望郷の銀河間空間 [だらだら無気力ブログ!]
学生時代の新見薫が意外にも可愛い。 [続きを読む]

» 『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間』 作り手たちの出した結論 [映画のブログ]
 いやはや、これはまた脱帽だ。  周到に計算された『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間』の上手さには舌を巻くばかりだ。  1974年のテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』が低視聴率だったことは良...... [続きを読む]

» 『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間』 作り手たちの出した結論 [映画のブログ]
 いやはや、これはまた脱帽だ。  周到に計算された『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間』の上手さには舌を巻くばかりだ。  1974年のテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』が低視聴率だったことは良...... [続きを読む]

» 『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章望郷の銀河間空間』ネタバレ注意 [まっきいのつれづれあれこれ]
先週4/7(日)に地上波TVにて復活を果たした「宇宙戦艦ヤマト2199」もおおむ [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第五章「望郷の銀河間空間」 [真・天文台]
監督:出渕裕 脚本:大野木寛、出渕裕、武半慎吾 [続きを読む]

» [『ヤマト2199 第五章』追記] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆相変わらず 忙しいのだが、ちょっと書いておく。  ちょうど、先週の日曜のテレビ放送の『ヤマト2199』は、ヤマトが旅立つエピソードで、そこでは、ガミラスの超巨大ミサイルが迫っているのだった。  この、超巨大ミサイルのヴィジュアルたるや、ひとつ間違えれば...... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第五章(第十五話〜第十八話) [ホビーに萌える魂]
宇宙戦艦ヤマト2199の後半戦・第五章を鑑賞しました。テレビ放送も始まって人気も上がって来ましたね〜。第五章ではヤマトもガミラスも反乱が起きました。そしてヤマトは大マゼラン ... [続きを読む]

« ドキドキプリキュア!#11. | トップページ | 獣電戦隊キョウリュウジャー #9. »