« あけましておめでとうございます。 | トップページ | スマイルプリキュア!#45. »

映画「妖怪人間ベム」感想。

今頃になりました。(おい)なので、ネタバレも
いいかと思いつつも。

「妖怪人間、誰が為に戦う」

明らかに有名なフレーズですが、何でかこれが
浮かびました。「善」と「悪」、矛盾するこれらを
併せ持って初めて「人間」になれる、という考え。

「名前のない男」=「彼ら」の生みの親である「博士」の
身体を乗っ取った奴。
「ベム、ベラ、ベロ」=「博士が作ったもの」から「奴」が
いなくなった「もの」から生まれたもの。

明らかに「キカイダー」「キカイダー01」と「ハカイダー」
の関係でも有ります。実際、「妖怪人間」と称しておりますが、
「人造人間」と言っても良い存在ですし、彼らは。

「妖怪人間」であれば、そのスーパーな力で「人助け」が
出来るけれども、「人間」になってしまえば、出来なくなる。

でもいつかは「人間になりたい」。今回でも、結局彼らは
人間にならない道を選びました。観てる側も、何時か彼らの
願いが叶えられればいいな、と思いつつも。

実際、よく出来た作劇だ、と思いました。そして、キャスティングも
何というか、色々と絶妙。橋之助氏がこういう「ラスボス」を
演じた、と言うこととか、観月さんが、いつの間にやら
「小学生の女の子の母親」を演じられる年頃になられていたとか、
やはりこのクリーチャー造型が「ハマル」だけの存在感が
有るのがすごい、とか、いろいろあるのですが。

やはりこの3人での「ベム・ベラ・ベロ」だったのが嬉しい。

で、ラスボス考。
確かに、橋之助氏演じるところの彼は、必ずしも絶対悪とは
いえないと思いますが、少なくとも彼が「始末」すべき相手は
部下の夫妻「だけ」であり、彼らのまだ小学生である娘は巻き込むべきでは
なかったかと。

少なくとも彼女が「事故」により、母親を失った以上に、
どう見ても一生あの状態以上には回復しないであろう障碍を
理不尽にも背負わされる筋合いはないと思われるので。
(否、唯単にかつて自分の身内が、靭帯損傷したときに
人工靭帯入れて、その代わりに膝を曲げられなくなって、
彼女と同じ装具を装着せざるを得なかったので)

それだけでも、橋之助氏演じる「加賀美」はもっと
制裁をうけるべきではなかったかな、と。

とはいえ、この作品自体、そういう「カタルシス」を追求する
モノではないことを考えると、やはりああいうラストに帰着
するのかな、とも思いつつも。

テレビシリーズ観ていた人には、まあ納得する内容では
ないかと思われます。ダークヒーローには、やはり満月が
似合うな、と改めて。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと 好きな男性と出会う 出会い漫画編

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | スマイルプリキュア!#45. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/48577018

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「妖怪人間ベム」感想。:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | スマイルプリキュア!#45. »