« 仮面ライダーウィザード#2. | トップページ | 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#168. »

特命戦隊ゴーバスターズ#29.

「亜空間への突入!」


「亜空間在住(おい)」の「ヒロム父」からの
「直の連絡」が入るって、どんな急展開だ;。

シリーズ半ばでラスボス実体化・敵本拠地突入・
「今日の私は本気ですよ」なエンターさん発言
(コスも劇場版イプシロンモードだしw)・
エスケイプさん(がっかりな方での)戦闘服・
「貴方を潰せばいいんですよ」・メット粉砕・
「ここから先は、行かせない!」凄いぞ司令室
仲村さんが狙撃してる!で。

「センター長、貴方の子供たちが今行きますよ」

プリキュアシリーズ的には、クリスマス販促終了後の
最後の大暴れシークエンスまんまだなあ、と。いや、
のりというか、流れがかなり被ると言うか。

実は、亜空間に閉じ込められた皆さんは、メサイアの目を
避けつつ、水面下で「活動」しておられたとか。
今の時期、こういうネタバレと言うのも珍しい、というか。

少なくとも、いくら置物とはいえ、犬の名前に
「ゴク」「マゴク」はかなりマニアだと言えるし、
エスケイプさんは、少なからずヒロムママンと何某かの
関係がないとは言えないだろうし。

で、ここまで盛り上がったのに、折角のメサイアさんが。

…普通の怪人サイズとは。
(そりゃ後ろにバックダンサーズ;引き連れてるけどさ)

ちんまり杉ね?www

と言うことで。
これからの展開の方が気になるのは;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと 好きな男性と出会う 出会い漫画編

« 仮面ライダーウィザード#2. | トップページ | 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#168. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/47029743

この記事へのトラックバック一覧です: 特命戦隊ゴーバスターズ#29.:

» 特命戦隊ゴーバスターズ Mission29「亜空間への突入!」 [MAGI☆の日記]
特命戦隊ゴーバスターズの第29話を見ました。 Mission29 亜空間への突入! ヒロムはエスケイプの武器の名前が母親のお気に入りの犬の置物の名前と一緒だったことをリカから聞いて気になっていた。 ...... [続きを読む]

» 特命戦隊ゴーバスターズ Mission29 亜空間への突入! [レベル999のgoo部屋]
『亜空間への突入!』 内容 姉・リカ(吉木りさ)の“ゴク・マゴク”という言葉に 引っ掛かりを覚えるヒロム(鈴木勝大)。母のお気に入りの犬の置物!? エスケイプ(水崎綾女)の武器と同じ名前。 そんななか、黒木司令官(榊英雄)から思わぬ連絡が入る。 亜空間のヒロ...... [続きを読む]

» ゴーバスターズ 第29話 [Kyan's BLOG V]
特命戦隊ゴーバスターズ Mission29 「亜空間への突入!」。亜空間編の序章。でも,これでメサイアさんを倒したら今後はどうするんだろう(^^; 続きは読みたい方だけどうぞ。 [続きを読む]

» 特命戦隊ゴーバスターズMISSION29ツッコミ [閑古鳥ぽよぽよ]
【久しぶりにチダカッコよかった(え)。】 亜空間からタレコミが来た! 送信相手は何とヒロムパパン!! どうやら「創造する者たち」というのは亜空間に飛ばされたヒロムパパンたち研究者のことだったようだ!! メサイヤに脅され?洗脳され?メガゾードを造り続けるその裏でパパンたちは亜空間のエネトロンをかすめ取ってジンさんに流していたらしい。 ジンさんもパパンに直接は会ったことはなく、通信のみでの交流だったそうな。 その報は「メサイヤが実体化する」ということ。 メサイヤの暴走を止めるため、ヒロムたちは亜空間... [続きを読む]

» 今日のゴーバスターズ Mission29 [地下室で手記]
「亜空間への突入!」 お姉さんの絵本に犬の置物のゴクとマゴクがモデルとして出ているとして、エスケイプの武器と同じ名前というのが気になって悪夢まで見るようになってしまったヒロム。 メサイアはエ...... [続きを読む]

» 特命戦隊ゴーバスターズ Mission29「亜空間への突入!」 [『真・南海大決戦』]
かつて自分の家にあった置物とエスケイプさんの銃。 ゴクとマゴクという名の共通点が気にかかるヒロム。 そんな折、亜空間にいるというヒロム父から通信が入る。 メサイアの急激な変化に大きな危機感を募ら...... [続きを読む]

« 仮面ライダーウィザード#2. | トップページ | 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#168. »