« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#169. | トップページ | 聖闘士星矢Ω-セイントセイヤオメガ-#24. »

夏雪ランデブー #11.(最終回)

この作品は、やはり「夏期作品」でしかるべき、
だったと思います。鮮やかな色彩に彩られた
極彩色の花々や、パステルトーンに彩られた
メルヘンチック世界、生命の躍動感溢れる
夏の風に揺れる木々の緑など、美しいヴィジュアルに
目が行きますが、基本。

幽霊話

でしたから。(おい)

奥さんへの未練で成仏出来ずに地縛霊になった
篤さんが、未亡人になった六花さんに惚れた葉月亮介の
「身体を奪ってまで」執着しようとしたけど、実は
六花さんも、篤さんを失った喪失感から立ち直りつつあった。

亮介さんや六花さんは、流れる時間に生きている。
篤さんは、停まったままの時間に漂っている。

篤さんが居着いちゃったのは、六花さんが彼のお骨を
手元に置いていた?のも理由らしい。
だから最終回ではあるけど、
「お骨を食べる」とか「舐めるだけ」
(倫理的にもそれ、やや厳しいし!)とか、
1歩間違えればかなり猟奇的な物言いがあるのは、
「そこから始まっている」からかと。

で、篤さんは、待っていたんだろうと思います。
亮介さんと六花さんが「こっちに来る」のを。

きっと、『お骨』は処分されたけれども、「開かずの間」が
残されていたために、居続けたんだろうと。で、
「あっち」に行きたいので、ユキの息子君に、
「部屋を始末しておいてくれ」だったのかも。

「篤さん」が「地縛霊」から「守護霊」になる話。
が、失恋から昇華されていく過程とシンクロして
描かれたんだろうと思います。

結果として「ハッピーエンド」でしたしね。

3人、という少ないレギュラーで話を深く掘り込んで
いったのがよかったかな、と思いました。

スタッフの皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと 好きな男性と出会う 出会い漫画編

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#169. | トップページ | 聖闘士星矢Ω-セイントセイヤオメガ-#24. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/47132415

この記事へのトラックバック一覧です: 夏雪ランデブー #11.(最終回):

» 夏雪ランデブー フジ(9/13)#11終 [ぬる~くまったりと]
第11話 最終話 公式サイトから島尾に葉月への心変わりを告げたことを後悔する六花。島尾の骨を手元に置き、彼をこの世につなぎとめた責任を感じた六花は、自分もおそろいの骨になると告げる。ショックを受ける葉月の目前で、六花は島尾に鋏を渡す。 私、此処に来て確認するまで葉月君だと思ってた。私が好きになった葉月君は何処に居るの?何処だろう? 葉月君を好きになったのは事実。島尾君が亡くなった時は深い悲しみがあった。改めて見ると島尾君だな。店長は何時の間に俺の事を、そうか両思いなんだな。 分かっているんだ、此処に... [続きを読む]

» 「夏雪ランデブー」第11話 最終回 [ちぇっそもっさの四畳半]
そうか。こう来たか。そうまとめたか! Amazon.co.jp ウィジェット [続きを読む]

» 幽霊な三角関係、 [笑う社会人の生活]
アニメ「夏雪ランデブー」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました おなじみノイタミナ枠です 花屋でバイトしている葉月、店長の六花、六花の病死した夫 篤 彼らの三角関係、恋模様 まったくの予備知識なく見始めましたが そんな展開になるとは・・・ という! ...... [続きを読む]

» 夏雪ランデブー  全11話 [にきログ]
こちら今期ノイタミナのひとつ 始まる前から期待していた作品です 松尾監督といえばプレスコ!ということでこの作品かなり声優さんの人数が少ないんですよね 松尾監督の持ち味は日常描写だと思っていたのでどうなるかなぁ?と まぁこういったドラマでやりそうな話をアニメにってのはノイタミナらしいというか OPEDふくめてあまりアニメアニメしてない生々しい雰囲気のある作品でしたね... [続きを読む]

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#169. | トップページ | 聖闘士星矢Ω-セイントセイヤオメガ-#24. »