« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#156. | トップページ | 「白紙の未来はそれぞれの色で描くもの、だから」(前編) »

レイ・ブラッドベリ氏と赤江瀑氏、逝去。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120607/amr12060700140000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120618/bks12061819370001-n1.htm

お二方とも、管理人が学生時代に大いに影響受けた作家の
方々です。ブラッドベリ氏は、萩尾望都先生の短編集から
入ったのですが。

「霧笛」とかが凄く好きでした。一番のお気に入りは、
高校時代に図書館で借りて読んだ
「たんぽぽのお酒」だったり。そういえば「火星年代記」
未だに読んでない;。所謂「惑星移民モノ」の古典だと
言うのに;。出来る限り早く読まないと。

で、赤江氏ですが。
友人から薦められました。この方の作品は、かなり
「読む人を選ぶ」方ですが、ええ、大いに影響を
受けました。

「着物にまつわるアンソロジー」な文庫本があって、その中に、
氏の書かれた短編があるのですが。
うん、着物は魔物。本当にそう思いましたよ。

お二人とも相次いでお亡くなりになられました。
謹んで、お悔やみを申し上げます。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと 好きな男性と出会う 出会い漫画編

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#156. | トップページ | 「白紙の未来はそれぞれの色で描くもの、だから」(前編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/45758014

この記事へのトラックバック一覧です: レイ・ブラッドベリ氏と赤江瀑氏、逝去。:

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#156. | トップページ | 「白紙の未来はそれぞれの色で描くもの、だから」(前編) »