« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#155. | トップページ | 非公認戦隊アキバレンジャー #11. »

牙狼<GARO>~MAKAISENKI~ #19.

「楽園」

本日、某作品のレビューあてに、何でか

「牙狼」をご存知ですか?
なるコメントが;。どうやらブログ主さんは、パチンコで
この作品にはまった模様なのですが。


きっと今のこのサイトには、
「ダンガードAをご存知ですか?」というコメントは

絶対に来ないんだろうなwwwww。というわけで。
久しぶりですが、「牙狼」レビューです。

前回、レオと「仮面の男」が別人であることが分かりましたが、
「仮面の男」が実は双子の兄・シグマであることと、何故彼が
今のようになったのかを、回想形式で語る回。

そもそも、腕っ節では兄・シグマの方が強かった。そりゃ、自他共に
「閃光騎士・狼怒」をシグマが受け継ぐと思うでしょう。
でも、お父上(伴大介氏って、キカイダーのジロー;)は兄ではなく、
既に魔戒法師になる事を決めていた弟・レオを選んだ。
これは、兄弟の順番以上に、兄シグマがもし「狼怒」を継いだ時に
起こりうる「悲劇」を回避するための、父親として、一人の
「魔戒騎士」として責任を取るための手段であったとしても、

結果として避けられなかったと思うとなあ;。

で、ここでシグマの幼なじみで、パートナーになる魔戒法師・
ミオさん登場。邪美さんや烈花さんのように、迫力有るお姉様
ではなく、可憐なお嬢さん風情が意外というか。
で、彼女はシグマの最大の理解者だったのが。

弟への嫉妬とか何やらで道を踏み外していくシグマに、次第に
ついていけなくなり。
最後は、そのミオさんを失うことになって、世界に対する復讐鬼に
なってしまったというお話。
…結局は、「力」をどのように使うか、なわけだったのですが。

では、父ちゃんが責任放棄して、狼怒をシグマに与えて、なすがままに
していればよかったのかといえば、それも違うし。

改めて正体を明かしたシグマ、全魔戒騎士たちに宣戦布告。
これからラストへ向かうのですが。
…この先早くみておかないと。(おい)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと 好きな男性と出会う 出会い漫画編

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#155. | トップページ | 非公認戦隊アキバレンジャー #11. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/45659137

この記事へのトラックバック一覧です: 牙狼<GARO>~MAKAISENKI~ #19.:

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#155. | トップページ | 非公認戦隊アキバレンジャー #11. »