« 宇宙戦艦ヤマト2199〈第一章〉・感想。 | トップページ | スマイルプリキュア!#10. »

「好き」という言葉が「免罪符」にもならないのを、初めて知る。

本当は、何があったのだろうか?

自分と秀人君が駆けつけた時には、既に「終わって」いた。
事切れた「彼女」と、腕の中に「彼女」を抱きかかえている
「彼」と。

もしかしたら、「不可抗力」で、「彼」が「彼女」を
殺めてしまったのかと思ったけど。
(この場合、大局的には「彼」は罪には問われないにしても)
どうやらそうではないらしく、むしろ「彼女」のほうから
自死、してしまったらしい。

「向こう」から「工作員」として、覚悟して送り込まれてきた
「彼女」。年頃も、自分とそう変わらない位なのに。明らかに
「死」を覚悟していた表情とは打って変わって。

実際に「死に至った彼女」の表情は、とても穏やかだった。
別人のように、というのかもしれないけれども、恐らくは。

これが本来の「彼女」だったのだろう。

思いを寄せている相手が、死に至る他の女の子を抱き抱えている。
本当ならば、もっと怒りや慟哭がこみ上げてきてもいいはずなのに。

少しもそんなことは無く。
むしろ、「安らかに眠ってください」という、祈りに似たものが。

敵工作員、死亡。恐らくは被疑者未成年女子のためであろう、
「宇宙葬」という超法規的措置。

「彼女」の最後は、それなりに「救われた」ものだろうと
思われるのに、「何があってそうなったのか」を、未だに
「彼」に聞くことができない。

「彼」はこういう件に関しては、昔からかなりナイーヴではある
のだけれど、特に今回は様子が違う。それよりも。

「聞いてはいけない」。本能から呼びかけられているようであり。

知らないほうが良いことなら、知らないままで良いのだろうか?

少なくとも、今、もうここには「彼女」はいない。

    (了)
今回は、霧野さんの心境です。彼女もいろんな意味で
「分からないといけない」年頃ではないかと思いつつ。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと 好きな男性と出会う 出会い漫画編

« 宇宙戦艦ヤマト2199〈第一章〉・感想。 | トップページ | スマイルプリキュア!#10. »

二次創作」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^0^)/

(好き)二次、3人が私のなかで生きづいてきてます。好きです。この話

48話ではすごく爽やかに青春してたはずなのに、〔彼女〕の事件と出来事で、
(本当は何があったのだろうか)(聞くことができない)(聞いてはいけない本能)→大人の階段ですね。リア時では、リサの心情がこうであろーと自分のどこかでわかりつつ、でも、わからないままの当時の自分で……。

で、
この二次でこうやって表現されると、何十年たってから、あーそうなんだよ、その気持ちリサならそうなるだろー、って目の前がひらけたような;

青いスカーフを〔彼女〕にささげるシーンがリサらしくいいなと。


でも、これで終わりじゃなく、また(本当はなにがあったんだろーか)って蒸し返されるんですけどね、53話で。お願い、リサをそっとしといて…

追記
リサは浮気しても耐え忍ぶキャラなんでしょーか?

こんにちわ。コメ有難うございます。happy01いつの間にか「好き」カテゴリ、というものになりましたがw。深い海の底にある何某、みたいなイメージではあります。深層意識の自分との対話、というか。

>わからないままの当時の自分で……。
 少なくとも、当時の放送形態では深く考察することが難しかったですし。〈放送されたら御終い)もしかしたら、「それを狙って」こういうエピを入れたとしたら、スタッフ鬼;。

>青いスカーフを〔彼女〕にささげるシーンがリサらしくいいなと。
 きっと霧野さんは、「彼女」が「彼」に対してどんな感情のうちに亡くなったのか、8割がたは感づいていたかと。

>お願い、リサをそっとしといて…
 もしあの時暴露されてたら、霧野さんは内部崩壊したかも。だとすると、あのKYなトニーさんはw、「彼」だけでなく霧野さんも「サルベージ」したことになるわけで。…どこまで「王子様」なんだあの人はwww。

>リサは浮気しても耐え忍ぶキャラなんでしょーか?
 それ以前に、「彼」の浮気がばれないほうが難しいので(おい)。
表向きは「地」を出さない人だから、「耐え忍ぶ」ようには見えるかも。


 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/44796475

この記事へのトラックバック一覧です: 「好き」という言葉が「免罪符」にもならないのを、初めて知る。:

« 宇宙戦艦ヤマト2199〈第一章〉・感想。 | トップページ | スマイルプリキュア!#10. »