« 特命戦隊ゴーバスターズ#6. | トップページ | アクエリオンEVOL #13. »

戦姫絶唱シンフォギア#13.(最終回)

「流れ星、堕ちて燃えて尽きて、そして」

王道の最終回。第一話をこうして回収しましたか。

当初から
「真・スイートプリキュア(深夜枠)」などと
いろんな意味で言われた今作品ですが、良い意味で
前評判に違わなかったと思います。

最終戦に向けてのクライマックスフォーム
〈しかも白っぽいw)だとか、最終回限定
必殺技とか、ラスボス最終攻撃とか、殲滅で
無ければ、優しいパンチでw説得とか。

相変わらず、フィーネさんは懲りずに何度も
蘇ってやる、と声高らかに勝利宣言しますが。

ならば、「そのときの、私達の思いを受け継ぐものたち」
がそのたびに阻止するから、とこちらも宣戦布告。
私達は、決して諦めない。
このあたりの流れも、プリキュアシリーズでは定石。

違うといえば。
生死の扱いがガチというか何と言うか。

結論。
響たちは生き残っておりました。機密事項で
「死んだこと」にされてましたが。こういう
どんでん返しなら大歓迎。ラスボスさんも、
フィーネさんは消えて、了子さんが戻ってきた。

人はいつか、分かり合える日が来る。
分かり合えない言葉のほかに、繋がり合える
「歌」がある限り。

どこかで観たような、聞いたような鉄板設定が
てんこ盛りな作品ではありました。でも、
「命がけで歌を歌う」のが必殺技、というオリジナルで
独特の作品世界を構築できたかと思います。とりあえず、
生存エンド、というのは喜ばしくて。

敵設定が、「神に恋した」件からスケールダウンした感が
ぬぐいきれませんが、それでも前評判を否定せず、むしろ
積極的に取り込んだことで、独自の世界の構築に成功した
かと思われます。

最後に、スタッフの皆様へ。有難うございました。
にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと 好きな男性と出会う 出会い漫画編

« 特命戦隊ゴーバスターズ#6. | トップページ | アクエリオンEVOL #13. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/44744215

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギア#13.(最終回):

» 戦姫絶唱シンフォギア TokyoMX(3/30)#13終 [ぬる~くまったりと]
第13話 最終回 流れ星、堕ちて燃えて尽きて、そして・・・ 皆の歌声がくれたギアが負けない力を与えてくれた。歌は戦う力だけじゃない、命なんだ。復活した響、翼、クリス。 ノイズは先史以前に人が作った人だけを殺戮する 自立兵器とノイズを大量に発生させるフィーネ。翼に暴走して攻撃したことを謝る響。3人で大量のノイズを乱れ撃ちで攻撃する。 フィーネが自ら腹を貫きノイズを取り込む。デュランダルを手にする。町を一撃で破壊できる形態のフィーネ。逆さ鱗に触れたんだ、相応の覚悟はあるのだろうな?限定解除されただけのギ... [続きを読む]

» 戦姫絶唱シンフォギア 第13話 「流れ星、堕ちて燃えて尽きて、そして」 [藍麦のああなんだかなぁ]
戦姫絶唱シンフォギア 第13話 「流れ星、堕ちて燃えて尽きて、そして」です。 ど [続きを読む]

« 特命戦隊ゴーバスターズ#6. | トップページ | アクエリオンEVOL #13. »