« 戦姫絶唱シンフォギア#12. | トップページ | Another#12.(最終回) »

アクエリオンEVOL #12.

「アクエリアの舞う空」

サザンカさんのぶれないキャラに敬礼w。そうか、
彼女の「厳しいプロの目」(おい)を持ってしても、
ジン君は「逸材」なわけだw。
(ホットドッグ食するシーンて、明らかに;)

ユノハさんが居てこそのジン君だったり、ジン君だから
こそのユノハさんですが。ジン君はともかく、ユノハさんは
確実に彼と出逢った事で、いろいろと変わってる。
だから、大事なぬいぐるみ破かれても、仲直りできた
訳であり。

でえ、ジン君といえば、どうやらユノハさんを
「新しいレアイグラー」候補に考えているみたいで。
一応、彼なりに真剣ではあるのだけれど、手段が;。

で、アリシアさんは「運命を飛び越えた」人、だそうですが。
アマタ、知ってたのか、彼女が自分の母親であることを。

それにしても。普通に「育児放棄」だわ。ニコでも指摘されてた
けど。事情はあるんだろうけど、子どもとしてはトラウマだしね。
あの飛翔能力は、母親恋しさからもあると思うと;。

学園創立記念日のイベントとして、「あの映画」を「ベルリン」に
映して上映するという。そこにいたるまで、アンディが実は
頑張っていたという話。社会にでたら、彼みたいなのが一番
生き延びると思うけど。

アマタが「いらない子」だったら、自分は「できっこない子」。
二人がであったきっかけの映画で、親密になるアマタとミコノさん。
パートナーが見つからないゼシカさん。だんだん黒い;。

とにかく、この映画がロマンチックなので、「ベルリン」周辺
でもカップルが多かったりw。で、ユノハさんはそんなテンションで
ジン君を誘ってましたが。通信機拾ったからね;。

実況で、カグラのことを
「壁破壊乙」っぽいことをかかれてましたw。確かに、そう思われても
同意、というか。でもこれも全て、ミカゲさんの趣味なのが;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと 好きな男性と出会う 出会い漫画編

« 戦姫絶唱シンフォギア#12. | トップページ | Another#12.(最終回) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/44658360

この記事へのトラックバック一覧です: アクエリオンEVOL #12.:

« 戦姫絶唱シンフォギア#12. | トップページ | Another#12.(最終回) »