« 「ダンガードA最終話・ハーケン生存Ver.」前編 | トップページ | 「ダンガードA最終話・ハーケン生存Ver.」後編・Cパート »

「ダンガードA最終話・ハーケン生存Ver.」後編

続かせてしまいました;。
今回で〆ます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
「生きて欲しい、と思われてる奴は、
生きる義務があるんだよ!」

「危険域突入まで、あと99.9秒」
「プロメテの太陽」へと向かう、一機の飛行艇。
操縦席には、トニー・ハーケンがただ一人、そこに居た。
上司であり、唯一人の存在でもあった
「ドップラー総統」を自らの手で屠り、生き残った有志を
ジャスダムに託して。

かつて母が死の間際に言い残した言葉、
「生きなさい」の意味を、彼なりに解釈して。

少なくとも、後に禍根は残さないよう、出来る限りのことは
してきた。「生きる」と言うことは、ただ生存活動に時間を
費やすだけではなく、「いかに事を成せるか」と言うことであり。

その意味では、自分の「居るべき舞台の幕」は自ら引いた。
カーテンコールは、いらない。
自分一人が自死したところで、自分の手にかかって亡くなった
人たちに対して、全て償いきれるはずが無いにしても。

背負える限りの罪を償おう。そう思っていた矢先。

「ハーケン、死ぬな!」
いきなり通信が入ってきた。タクマの声だ!
「タクマ!何故お前がここに居る?死ぬぞ?分かってるのか?
「分かってねーよ!お前助けに来たんだからな!」
「助けに?私を?そんな事、頼んだ覚えは無い!」
「そっちは無くても、こっちは大有りなんだよ!」
秀人、回線に介入。
「『お姫様のたってのお願い』って奴でね!こっちも
大迷惑なんだけどな!こーやって来てやったんだよ!!」
物言いはこちらにぶつける。
「生憎だが、脱出装置は既に破壊してある。自爆装置も
既にスイッチは入れてある。巻き添えになるだけだから、
お前達こそ、即時撤退しろ!」
トニー、必死に『鋼鉄の巨人』を遠ざけようとするも。

「少々手荒くなるが、すぐ終わってやるから我慢してろ!」
鋼鉄の巨人、両膝に装着されてる「巨大な矢」を合体させる。

「ダブル・シャフト!!」

飛行艇の、丁度操縦席の真上あたりを目掛けて、巨大槍の
先端が振り下ろされる。破壊するのは、装甲のみ。中の
操縦者には、危害が及ばないように。即座に、巨人の手が、
操縦者のみを拾い上げる。大胆かつ繊細な作業。操縦者を
無事、「巨人」の操縦席(ガードランチャー側)へ誘導。

作業終了後、同時に飛行艇爆散…。
時に、費やした時間は、99.8秒。

一難去って。
「よくもあんな作業、短い時間の間にやれたな。」
秀人より。
「もともと、『こいつ』は戦闘用兵器じゃなくて、宇宙開発
作業用に設計されてるからな。こっちが本命の仕事だ。」
タクマ、相棒に返事する。そして、業務連絡。
「こちら、ダンガードA。トニー・ハーケンの救出、
無事に終了。今から帰途に着きます!」

傍らには、先ほど救助されたばかりの、トニー・ハーケンが。

「何故、私を助けた?」トニー、タクマに問う。
「お前が、『生きなきゃいけない奴』だからだ」
タクマ、答える。
「生きなければいけない?私が?誰がそんなことを」
トニーを遮って、タクマ。
「俺達に、リサを返してくれただろう?」

思いもよらない言葉に、トニー、虚をつかれて。
わずかな表情の動きを逃さずに、タクマ。
「リサが、お前に伝えたいことがあると言っていた。
…言えなければ、一生後悔するくらいのを、だ。」
「そんな事くらいで、あの無茶振りをしたと言うのか?
お前達は?」半ば呆れるように、トニー。

「そんな事、じゃない。凄く、大事な事だ。だから
俺達はお前を。」無意識にムキになるタクマ。
「話に割り込んで悪いけどな。お前が俺達に預けた連中、
かなり多いんだよ、頭数。今まで敵味方やってきたのが
いきなりはい、仲良くしましょうなんて、こどもじゃある
まいし。出来っこねーんだよ!つまり、そういうの
まとめる奴が居るって事!これ、業務命令だから!
言いだしっぺは責任とって貰わないとな!」
秀人、間に入る。確かに、正論だ。

「お節介、というか、本当にお人よし、だな、お前達は。」
「助けてもらっておいて、その口の利き方は無いだろう?」
「誰も助けて欲しいといった覚えは無い!」トニー、相変わらずの
口調、ではあるが。

「今は亡き母親にそっくりのあの人」と、この2人との間に
ある、思いやりとか信頼とか…そういうものをまとめて
「絆」と言うのだろうが…の強さを、改めて彼は感じさせられて
いた。
「私には、『あの人』にかけられる言葉など、無い。」
トニー、つぶやく。
「何言ってるんだ?そんなもの、

こ れ か ら考えればいいだろう?」
タクマ、即答する。

「そうだな…。」トニー、思わず同意させられる。
そうだ、「これから」が許されたのだ、自分には。
誇り有る「死」を選ぶのではなくて、
許される限りの時間に、命汚くしがみついていく。
「贖罪」であるところの「生」に、「これから」は。

帰途にて。ロボット内のコックピット内での通信。
と言うよりは、もはや雑談。最初は秀人から。

「しかし…お人よしもいい所だよな、俺達。わざわざライバル
増やすようなこと、体張ってやってるんだから」
「そう言うな。俺達は『お姫様』には逆らえないんだから。」
「ライバル?どういうことだ?」
パイロット同志の会話に、横槍を入れるトニー。
「今さらばっくれんな。お前も、『そう』なんだろう?」
タクマ、視線を向ける。語る。つい先ごろまで色恋沙汰に
疎かった「お子様」だったのが。変われば変わるものかと。
「何を…;私は、そんなのではない!」珍しく、取り乱すトニー。
「そんなの?分かってるじゃないか。じゃ、話は早い。
俺は、手加減しないからな。」タクマ、攻める。
「俺も、全く同じ。手加減しねーからな。覚えとけ!」
秀人、便乗。だがしかし、心中では。
(ゴールが少し、先に延びただけ、かもしれないけどな)
「勝手に話を進めるな!」
一応釘は刺すものの、言葉そのものに棘は既に無い、トニーだった。

「さて、そろそろジャスダムに着く頃だ。それにしても、
本当にプロメテに来れたんだな…。」
改めて、操縦席の外に視線を送るタクマ。
「父さん、見えてますか?ここが、貴方が来たがっていた
『プロメテ』です…。」感慨にふけっていると、秀人より。

「そろそろジャスダムに着く頃だ。皆待ってるぜ!
と・く・に・姫様が!首長くして『王子様のお帰り』を
な!」
「あーそうだったな。とりあえずミッション無事終了だ!
またこれから忙しくなりそうだしな。」
タクマ、答えながらトニーに目配せをした。

ーージャスダム、プロメテへ到着。それはまた、
新しい物語が始まる、ということで、次の機会に。
   (後半・了)

終わった;やっと終わった;;。
でもこれだと、霧野さんはトニーさんに、何をどう切り出すのか
が大いに気になるところですが;。
まずは一段落、です。

« 「ダンガードA最終話・ハーケン生存Ver.」前編 | トップページ | 「ダンガードA最終話・ハーケン生存Ver.」後編・Cパート »

二次創作」カテゴリの記事

コメント

(これからが許されたのだ、誇りある死を選ぶのではなく許される限りの時間に命汚くしがみついていく、贖罪であるところの生に、これからは…)
34年間、ずっとトニーは生きていてはやはり許されないことだったのか、それとも許されてもよかったのかと、自問自答して今日まできておりましたが、「誇りある死を選ぶのではなくー」で胸のつかえがとれました。死ですべてが許されるのでなく、でも生かされるのであれば、トニーは命汚くしがみついて、プロメテの人類のために一生懸命に…;命汚く←これでいいんですよね。

(お前が俺達に預けた連中)→もう中の人の声が聞こえますぅ。そーいう仕事もトニーさん生きてやらなきゃ大事な事や!

トニー生存→よかったねトニー、新しい仲間との「絆」を感じられて;

リサの(言えなければ一生後悔する)言葉ってナンダロ、ナンダロ? 

リサ姉に出会う前のエンドで、にくい終わりかただわ(^0^)/

もっともっとコメあるんだけどまた気がついたらコメしますね。あー目の前がひらけたレビューに感謝でございます。

コメ有難うございます。勢いで書いた「最終回・DC版(おい)」では有りましたが;。
せめてロマンアルバムで、当時のスタッフの皆様がどう「落とし込む」つもりだったかが見られればな、と思ったり。
(自分が置いてあるところから出せばいいだけなのですが)

>これでいいんですよね。
 もっと若いときには、生存ENDは考えられなかったです。この年になったから、「生存」ありだな、と思うようになったのかも。

>(言えなければ一生後悔する)言葉って
 「こういう場合、この人なら絶対この殺し文句使うだろうな」な感じで出てきました。こんな事言われたら、あの二人なら絶対無視できないでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ みたいなw。なので、これから考えますwww。これだけで話いくつか出来そうですw。

>リサ姉に出会う前のエンドで、にくい終わりかただわ(^0^)/
 何も考えてませんでしたwww。何気に男子3人で言い合いしてるENDを目指してましたので。

トニーさん生きてることにしたら、どんだけお騒がせなんだ、本当に。タクマも、いつまでも朴念仁やってらんなくなる罠www。

では、またコメお待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/44069584

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンガードA最終話・ハーケン生存Ver.」後編:

« 「ダンガードA最終話・ハーケン生存Ver.」前編 | トップページ | 「ダンガードA最終話・ハーケン生存Ver.」後編・Cパート »