« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#139. | トップページ | 「奈落の青、飛び越えて」(前編) »

輪廻のラグランジェ #7.

「曇り のち 鴨川」

ウォクスは一体どーなった?とかそのあたりの
話は置いといて;。タイトルどおり、「3人娘の仲直り」
です。

まずはムギナミさん。
病院のベッドで目覚めたとき、朝食に
差し入れられていた「一個のリンゴ」から
始まる回想。

ヴィラジュリオさんと初めて出逢った
頃の話。まだこのときは「王子さま」だったんだ。
流刑地で。まだ小さい「浮浪児」だったムギナミさんと、
色んな頃に絶望しきっていた「放浪の王子さま」。

たった一個のリンゴの、芯しかないけれど。
「運命の果実を分け合った」のは確か。
(このリンゴの件は偶然と思いたいです。余りにも
「ピンドラ」過ぎますので;)
それだけ、ラフィンティ王女様とは別に、深い絆が
あったということでしょうか。
ランはランで、自分の兄とヴィラジュリオさんとの間に
あったことを気にしてますし。

と、ランとムギナミの間の溝の原因を書きつつも。

まどかさんに関わると。
サービスシーンてんこ盛りの仲直りイベントになる、
というw。

大体、どこの世界に水槽代わりにプールに鰻放すっての;。
水着女子に鰻イベントなんて、明らかにサービスですけどw。
で、大変なんで、ジャージ部召喚されて。

あの時は、わざと嫌われようとしていたムギナミ。
まどかさん、やっとそれが「ジャージ部魂」とわかって。

まどかさんとラン、まどかさんとムギナミは結構
何とかなるけど、ムギナミとランはやはり、一筋縄では
仲直りできず。

でも、そんな3人も、「お風呂」から「お風呂」に見立てた
「鴨川の海」に入ることで、やっと素直に。

「ごめんなさい」も言うには大変なんですw。

仲直りの記念の如く。バイト先のユニフォームが配給されますがw。
これからが本当の「始まり」の予感、と言うところで、
今回はエンド。

それにしても。モイドさんのぐちゃぐちゃ振りがリアル過ぎ;
いろんな意味で、アレが「彼」なんだと思うと;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

好きな男性と出会う

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#139. | トップページ | 「奈落の青、飛び越えて」(前編) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/44232671

この記事へのトラックバック一覧です: 輪廻のラグランジェ #7.:

» 輪廻のラグランジェ #7 [日々の記録]
サービス回とみせつつ、その一方でまどかたちの絆がきちんと描かれました。前回謎の光を放って墜落したまどかたちのウォクス。とりあえず、そちらは放置で物語は進みます。 [続きを読む]

» 輪廻のラグランジェ 7話 [アニメ徒然草]
ちゃんと反省できる子。 相手の気持ちを考えられる子。 ごめんなさいと、ありがとうを、言える子。 うわあああ!!!!!まどっちマジ天使うわあああ!!!!! 女版上条さんと思ったが、別にそんなことは...... [続きを読む]

» 輪廻のラグランジェ 第7話「曇り のち 鴨川」 レビュー・感想 [ヲタブロ]
家族になってくれて、ありがとう ムギナミの『ここにいてもいいの?』という問いに対するまどかの答はとても暖かなものでした。まどかとしては既に一緒にお風呂に入った時点で彼女 ... [続きを読む]

» 輪廻のラグランジェ 第7話「曇り のち 鴨川」 [ボヘミアンな京都住まい]
今回のエンドカードは桂井よしあき[http://basutei.com/]さんだそうです。 3人の仲の進展具合を端的に表してるようで、いい感じですね。 さて、モイドがいろいろ隠し立てしてるのは今更なので置いといて、ムギナミが最下層的環境下の惑星の出身、ヴィラジュリオは何らかの理由で最下層に叩き落とされたデ・メトリオの元王子、ということが明らかになりました。反ポリヘドロン義賊同盟の頭領に彼がのし上がっていったのも理想に基づいた行動のように伺えますが・・・。 プールへのウナギ放流なんて状況を無理やり作り... [続きを読む]

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#139. | トップページ | 「奈落の青、飛び越えて」(前編) »