« Another#3. | トップページ | アクエリオンEVOL #3. »

DVDシリーズ「惑星ロボ・ダンガードA」VOL.5(Disc10)感想・別枠その3。

第53話「愛!それは哀しく美しく」


さて、シリーズ最大の(でしょう)問題作です;。
仮にも「男児向け玩具販促番組」で、「ガチ百合」です;
(自分はこれ以上の『百合』を未だ観た事がないです。
いろんな意味で;)
もしくは、「プリキュアになれなかったお嬢さんたち」のほうが
まだ「らしい」かも知れない。でも、タイトル的には…;
この頃から「公式最大大手」だったかと思うと;。

ともかく、この前の回が、「戦艦を指揮する」という、
至極真っ当な「男子回」であったのとは落差が激しすぎる;。
まさかこの後で、
「ゲストヒロインリベンジ」が来るとは、誰も思ってないw。

全体の流れ的には、「軍団崩壊の序曲」っぽいのではあるのですが。

副総統父娘の殉職を悼む最中。
物凄く綺麗なお嬢さん二人が、総統閣下の前に直談判。
彼女らはジュディとミラ。フリーゼ嬢の「ご学友」。
死を覚悟の上で、敵討ちに向かわせてくれと懇願するが、
規則を破るわけにはいかないと、一蹴する総統閣下。

「女の友情は、時には男のそれをも上回るというが」
@総統閣下。えーと。つまり、

百合は薔薇を凌駕する。

で宜しいでしょうかw答えは聞いてないwww。とりあえず、
何だか物凄いことを公式認定されたことは確か。(おい)

それをも想定の範囲としたうちで、最後のメカサタン機を
強奪し、ジャスダムへ向かう二人。

フリーゼさんの亡くなる間際、脳波に著しい乱れがあったと聞いて。
「酷い事(いろんな意味で)をされたのでは。」と推測する
ジュディさん。しかも、その犯人を、「あの」エースパイロットと
仮定して。
「一文字タクマ…絶対に、許せない!!」
どうしよう;「絶許」モード来た;プリキュア的には
殲滅上等モード突入;しかも、こちらは全然勝てる気しない;
逃げて逃げてーーーー;(こらまて)

で、ジャスダム内ラウンジでは。
皆さん休憩モード。…お嬢さん2人が復讐の鬼となって
こっちに向かってるというのに;。嵐の前の静けさ。
でも、タクマは一人澱んでる。

フリーゼさんのことが堪えてる。そりゃそーだ。
自分が「あんなこと」をしなければ、彼女を死なせずに
済んだかもしれないのに。
「お前が悪いんじゃない」@秀人。…どの口が;;;;。
「仕掛けた」のは明らかに秀人なので。恐らく、
「事の真相」は二人の間で「墓まで持っていく」でしょう;。
でも、元はといえば、
「ドップラー派と戦争してる」ことが全ての元凶。

そんな折。小惑星発見したので、霧野さんが調査に向かう。
都合よく、地球と同じ大気があるそうで。(おい)
「ジャスダムの小娘の調査艇」を見逃すはずがない
「百戦錬磨のお嬢」たち。捕まえて捕虜にして(ry)!
…こう書くと、本当にアレなのですが;。

「私たちは、いつでも一緒よ。」3人の固い結束。
恐らくは、女子で在りながら「ハーケン特別隊」以上の
ものを要求され、悉く「3人で」乗り越えてきた
自信と矜持。当然、「オペレータでぬくぬくしてる
温室育ちのお嬢様」ごとき、即効落としてやるわ!

と、ジュディさんとミラさんは思った、はず。
場合によっては、
「フリーゼと同じ苦しみを味あわせて(ry)」とも
考えてたに違いない、はずだったのですが。

霧野さんも2人ほどではないにせよ、一筋縄でいかない
お嬢。なので、理不尽なビンタに猛然と歯向かった。
「フリーゼは、自分から感情のコントロールが出来なくなって、
死んでしまったの!」

そして、その若すぎる死を悼み、宇宙葬まで執り行ったこと。

では、何が彼女を追い詰めたのか?
彼女は、タクマの腕の中で息を引き取っていた。

「フリーゼが男に、ですって?ありえない!」
@ミラ。彼女は「女子校に良くある」タイプっぽく。
しかし。物凄い台詞だ;。
「タクマに聞けば、分かるはず!」
その場の女子全員意見一致w。このままいけば、
3人の女子に詰問攻めにあったんだろーな、タクマ。
(普通にホラーだ、男子的には)
『フリーゼとの間に、何があったのか、話しなさい!』

噂をすれば影。ご本人登場。
人質を帰して欲しくば、を、そのまま受け入れる彼。
地面に降りて、彼がメット外した途端。

…ジュディさん。何でそこで納得するんですかwww。
(フリーゼは、タクマに一目ぼれしたのね)
タクマはどうやら、もともと彼女の「ど真ん中ストライク」
だったらしいw。親友だからこそ分かる、「女の感」。
自分的には、
「ここに居る女子と、自分と『好み』が一緒」という事実に
笑いがこみ上げて仕方なかったりしますが;。

「タクマ来ないで!」必死に叫ぶ霧野さん。ジュディさん即座に
「彼が好きなのね?」…彼女の姐さんぶりに脱帽。
「で、あっちはどうなの?」@ミラ。いつ観ても
ここのやり取りは「素」が出てると思うw。

「…分からないわ。」これも本音でしょう。だってねー;
「お前が居ないプロメテなんて!」とか告っておきながら
ばっくれたりするから;。これだから男は(ゲフンゲフン)。

「でも、彼は私を見捨てたりしない。仲間だから。
ジャスダムは、命を大事にするのよ!」
タクマは悪くない!
必死の弁明。

人質、無事釈放されて。そんな時。
トニーさんが攻撃しかけてきた。総統閣下からの命令。
「命令違反は、死を以って償え」と。しかも、
「メカサタンには、遠隔操作で自爆装置を仕掛けた」とも。

もう時間がない。覚悟はしてたけど。後は出来る限りの
ことをしよう。怖くはないから。だって、フリーゼが
待ってる。今度こそ、3人一緒に居ましょう。
永遠に。

女子2人が覚悟してた頃。
「向うは女の子だけなんから、威嚇して落とせばいいのよ!」
お姫様のお願い。何とかしようとする秀人が健気;。
何だかなあ。最後までジュディとミラの「思い」は
霧野さんには伝わらなかった、というのが。

「女の子」でも、彼女たちは生え抜きの「武人」であったわけで。
ならば、その矜持に応えるべきだった、と思うわけです。
それこそ、キャプテンならば、勝負を受けてたったはず。
しかも、エース2人とも、そこに気づかなかったというか。
「女の子相手に戦えるか!」
まだ「アオイ」から、なんでしょうけど。

結果。メカサタンの自爆特攻により、ダンガードA、腕部破壊の
「最大のダメージ」。「女の子たち」によって、しかも。

どれだけひどかったかと言うと、
「ジャスダムに帰れたのが奇跡」レベルだったそう。
「今度ばかりは、『女の友情』の勝利、だな」@大江戸博士。

この件で、一番衝撃を受けたのは、霧野さんの、はず。
日頃、「女の子扱いしないで!」と言ってるけれども実は。
「オンナノコ」であることを当然の権利として享受していた
だけだったという。

「大事な人のために、命をかける」とはどういうことかと。
自分がいかに恵まれた環境に居るのか、思い知らされたかと。

フリーゼさんたち。何かと手を重ねたり、手を繋いだり。
いかに絆が強い人たちだったかと。…霧野さんには、
こういう関係の人、今までいなかったんだろうな、きっと。
(つまり、素顔で対等に向き合える友人が)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« Another#3. | トップページ | アクエリオンEVOL #3. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^O^)

53話って…普通に観てたら「フリーゼのかたき」なんだけど、

(自分がいかに恵まれた環境にいるのか、思い知らされて、霧野さんには、こういう関係の人今までいなかったんだろうな)→
うんうん私もそう感じてた。うまくまとめて頂いてありがとうございます。
リサ、ジュディ、ミラの3人模様も重要ポイントですよね。
リサって、ミヨコぐらいだし、いい経験だったかも;
この3人で、あーだこーだ言ってる時、リサが
「私も女よ、だからわかるの」→このセリフすごくないですかぁ!まだ少女なのになんだか30歳前後の、ひとつやふたつ辛苦な恋愛経験を持った{女}のセリフじゃあ、あーりませんか〃
(自分的には、ここに居る女子と好みが一緒、笑いがこみあけて仕方がなかったり)私もニヤケます。今となって観てみると子供の恋愛話を小耳にはさむ、ちゅーねんおばちゃんみたいな心持ちで、そーなん、フムフム、クックックみたいな。

この回、BGMが素晴らしいと思います。この回だけのBGMなんでしょーか?ほかでは耳にしなかったよーで;

(ハーケン特別隊以上の)なんせジュディさん、トニーって呼び捨てーっ、あれっ呼び捨てでいいのは総統だけではなかったのでは?
最後はあーいうラストでしたが、話的にそーなるのはわかりますが、やっぱり死ぬなんてねー、生きて欲しかったなあ、生きてもっとタクマのまわりで、やいのやいの言うて欲しかったなー、これからの人生なのにね。{ミラが1番ガーガー言いそ…}

(早過ぎた傑作)最初のレビューにありましたが本当にそうですーぅ。

こんにちわ。コメ有難うございますw。

>リサって、ミヨコぐらいだし
 そうですよね。彼女ではまだ対等には早いし。ここでも「お姉ちゃん」ですから。

>ひとつやふたつ辛苦な恋愛経験を持った{女}>のセリフ
 まさに現在進行形、というか渦中だから。だってー、意中の人はゲストヒロインばかり「心を開いて」あげてるんですから;全く;;;。

>トニーって呼び捨てーっ
 きっと、ジュディさんは特別枠だったとかw。余りのハイスペック振りに、トニーさんも一目置かざるを得なかったとかで。

>生きて欲しかったなあ
 まるっと同意。ミラはなんか色々と問題発言しそうですがw。女子たちに怯えるタクマ、(おい)凄く観たかったですwww。

リア時、そのあたりの同人誌とかもあったかと思うと。観てみたいな、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/43874907

この記事へのトラックバック一覧です: DVDシリーズ「惑星ロボ・ダンガードA」VOL.5(Disc10)感想・別枠その3。:

« Another#3. | トップページ | アクエリオンEVOL #3. »