« TWINKLE NIGHT(あるひとりのロマンティストの生誕) | トップページ | 妖怪人間べム#9. »

輪るピングドラム#23.

「運命の至る場所」

ラストに向けて、話が大詰めです。
とりあえず、サネトシさんがラスボスなのは分かった;。

「あの日」、サネトシさんと桃果さんは、「運命の改変」を
巡って、一騎打ちをすることに。しかし、勝負は「相打ち」で、
二人とも「半分になって」
桃果さんは、「二つのペンギン帽」となり、
サネトシさんは、二匹の黒兎と転生?して。
ではサネトシさんは、自画自賛?(おい)。

サネトシさんは、もう一度「望みの達成」をはかって、
高倉兄弟たちを、様々な手段で「走狗」とする。

代償は、「陽鞠さんの命」。ところで、真砂子さんが
「冠馬と双子の妹」であるのには驚きましたが、
それでも、冠馬は真砂子の言うこと効きませんでしたし。

そうか、あの「クマ」が時限爆弾だったか
…って、何気に黒いでしょ。やっぱ、「可愛いもの
を爆弾化させるのって、詰んでるというか。

冠馬、すっかりサネトシさんの手下。晶馬に対して、
「本当は、ずっとこうしたかった」って。
…自分は「運命の人」にはなれず。
しかも、そいつは「弟面」した他人だと言うし。

晶馬、に冠馬が止められるか、なのですが。

「あの日記」に、「運命を変える呪文」がある、と
言いますが。リンゴさんは
「そんなもの、なかった」と。サネトシさんは、「日記」を
燃やすことに成功したみたいですが。

桃果さんは、回想シーンで日記を「読んで」いたっぽく。
リンゴさんは、日記の内容を「全部実行」しており。
もしかしたら、「日記の内容を具現化させた存在」が
「思うように運命を変えることが出来る」のならば。

リンゴさんを「燃やして」しまった時点で、彼女が
思うような「運命の改変」に加担してしまったような気が
します;。

今のサネトシさんは、オリジナルに加えて、
「透明にされてしまった」子ども達の怨念の集結、
と言うのには同意。そういう意味では、冠馬は「同化」
されやすくても当然かな、と。

次回で、どう畳むのか。やはり先が読めないです。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« TWINKLE NIGHT(あるひとりのロマンティストの生誕) | トップページ | 妖怪人間べム#9. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/43405976

この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム#23.:

» 輪るピングドラム 第23話 『運命の至る場所』 [こいさんの放送中アニメの感想]
16年前の真実。世界を壊そうとした組織のボス渡瀬眞悧と桃香が対決。結果は相討ちでテロも完全に防ぐには至らなかったと。 渡瀬や高倉父母、そして冠葉のやろうとしていることはまごう事無きテロに思えます。でもこどもブロイラーとか、世界がオカシイのかもしれない。そうなると冠葉のやろうとしていることは完全に間違いではないのかも。 渡瀬の力。まさかの生存戦略を発動。そして瀕死状態の真砂子の元へとやってくる渡瀬と冠葉。やがて真砂子がご臨終、となったところで渡瀬が彼女を生き返らせた。あの薬は何だったの!?指でなぞる... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 23話 [アニメ徒然草]
まだ、世界は、終わってない! というわけで、 「輪るピングドラム」23話 わたしにできることの巻。 ついに動き出した物語、ついに本気出した二つの勢力。 運命の改変が正しいことなのかは分からな...... [続きを読む]

» 【アニメ】輪るピングドラム 23話 だから嬉しくて泣いたの [おもしろくて何が悪い ケの人集会所]
輪るピングドラム 23話「運命の至る場所」 の感想を 全ての始まりと言っていい「サネトシ」と”地下鉄事件” その事件はいまだに続いていた… 運命の列車が発進し、その先の世界は ... [続きを読む]

» 輪るピングドラム TBS(12/16)#23 [ぬる~くまったりと]
第23話 運命の至る場所 ある朝気づいたんだ、僕は、この世界が嫌いなんだって。僕はこれからこの世界を壊すんだと眞悧。桃果よ。眞悧だよ。あなたをこの世界から追補するわ。痺れるねぇ、どうやって。ここに運命の乗り換えをする呪文が書いてあるの。これを唱えれば、あなたを永遠の闇に吹き飛ばすの。なら僕は君を呪いの中に閉じ込めるとしよう。呪文は半分で終わる。君は全てを救えない。 陽毬は入院していた。晶馬がつきっきりで看病していた。陽毬はどれくら生きられるんですか?今晩、明日の朝かな・・・済まない。 帽子の彼女に世... [続きを読む]

» 輪るピングドラム:23話感想 [しろくろの日常]
輪るピングドラムの感想です。 物語は最終局面なんですけど…どうなるのか。 [続きを読む]

» (アニメ感想) 輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
キャラクタースリーブコレクション 輪るピングドラム 「陽毬&ペンギン3号」(2011/12/09)ブロッコリー商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコ...... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 第23話「運命の至る場所」 [Spare Time]
世界はいくつもの箱であり人はそこに入るしかない 箱の中にい続けたせいで自分がどんな形だったかを忘れてしまう そこから出ることを選び、選ばれしものだと疑わなかった眞利 世界に絶望したことで鬱屈した...... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」 [SERA@らくblog]
すべての個人は箱に入れられた存在でそこから出ることはできない。 それが眞利にとっての世界観。 つまり 世間や周りの人から見て 個々人はどういう存在かと規定されてしまう。 本人が思ってる「自分」で...... [続きを読む]

» アニメ 輪るピングドラム 第23話「運命の至る場所」 感想 [くまっこの部屋]
陽毬ちゃんは助かるのか?冠葉の暴走を止められるのか?眞悧の呪いを解くことは出来る [続きを読む]

» 輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」 [ゆる本 blog]
16年前の回想から始まる。「輪るピングドラム」の第23話。 テロを企てる眞俐の前に立ち塞がる桃香。 しかし相打ちとなり二つに裂かれた桃香の体は二つのペンギン帽子へ、 同じく裂けた眞俐の体は二体の...... [続きを読む]

« TWINKLE NIGHT(あるひとりのロマンティストの生誕) | トップページ | 妖怪人間べム#9. »