« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#127. | トップページ | プリキュアオールスターズDX the DANCE LIVE(DVD)感想。 »

牙狼<GARO>~MAKAISENKI~ #2.

「街灯」

遅ればせレビュー第二弾。一応、本筋に
乗せてきた、と見ていいのでしょう。

今回のゲスト=ホラーは、広田レオナさん。随分と
お久しぶりですが、

「いい男をコレクションするホラー」というのが、
何ともらしい。

「牙狼世界」のホラーは、それこそ人間の弱みに付け込んで
「お前の願いを叶えてやろう」
(かなり醜悪でえげつない方法でですが)
と憑依してきます。似たテーマの
「仮面ライダーオーズ」では、制約ありで描けなかった
部分を、この作品は「深夜枠」ということで掘り込んで
いるかと思われます。
メインは、
「彼(彼女)はいかにホラーとなったのか。」
かなあ、と。実際、鋼牙がソウルメタル装着して
バトるシーンは結構あっさり気味だったりするので。
(これは、元老院付きになるくらい強くなった、という
描写と見れるか;)

元はホームレスなおばさんだった「志乃」さん。
恋人を殺して?その死体を愛でていたところに、
「街灯」なホラー、ルーザキンが憑依。

で、気に入った男を、「食用」ではなく、
「観賞用」にコレクションしているとか…;。
そういえば、顔には文句つけてたけど、「体」には
物言わないのですね、レオナ様w。何だか、まるで
スーツアクターさんのような上半身の方々w。
(って、伊藤慎さん顔出ししてるw)

これはますますもって、本格的だわ。
(何がだ)
でも、鋼牙は「顔は好みじゃない」らしい。でも
「体」のほうは及第点でしょwww。

ルーザキンは、光りの中に隠れるホラー。
だから、街灯の中に隠れて、いろんな機会を
伺っていたようで。

最後、彼女は「牙狼」に始末されますが、「光の中」
にいることができた志乃さんにとっては、幸せだったかと。

出、この回のメイン。
カオルとの再会。そうか、今では絵本作家なんだw
「ここはお前と再会するべき場所じゃない」って、
どんだけwww。

で、「私も一緒に!」とか言わずに、「鋼牙を信じて」
彼の指示に従えるカオルさんが。すっきり大人に見えて。
しかも捕まっていた青年(伊藤さんね)まで一緒に助ける、
という。

ラスト。
「これを見てほしかった」と壁画の前に。そうか、あの絵を
描いたんだ、カオルさんは。
「今度は、最後まで描くから」
これで通じるんだよね、今の二人。

2話目にして、流れに乗せてきました。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#127. | トップページ | プリキュアオールスターズDX the DANCE LIVE(DVD)感想。 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/43196189

この記事へのトラックバック一覧です: 牙狼<GARO>~MAKAISENKI~ #2.:

» GARO~MAKAISENKI~#2 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
元老院付きとなった鋼牙が初めて元老院に赴き、パートナーを進言されたり、カオルとの再会がホラー退治を使用として向かった場所であったなど、じっくりと描けると思えることが簡単に処理されてしまい、ちょっと残念に感じられた所もある(特に、カオルとの再会は引っ張る…... [続きを読む]

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#127. | トップページ | プリキュアオールスターズDX the DANCE LIVE(DVD)感想。 »