« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#123. | トップページ | DVDシリーズ「惑星ロボ・ダンガードA」VOL.3(Disc6)感想。 »

輪るピングドラム#17.

「許されざる者」

陽鞠さんは、後半になってからずっと入院モードで
あることに。薬で良くなる、と冠葉は信じてるようですが。

条件によっては、病院食に飽きたので、近くのマクドとかに
しけこむ患者さんの話とか聞きますが、病室でたこ焼き
(しかもタコはその場でさばいてるし;)などというのは、
関西でも滅多にないはず。(って、舞台東京近郊のはずだし)

アイテムはさておき、そこにあるのは、
「日常の光景」。たこ焼きコンロ囲んで云々、と
言うのは、関東的には「非日常」テイストありなのですが。
(これが「じゃりん子チエ」ならばリアル日常)

と思ってたら。
久しぶりにプリクリ様降臨。ここでやるとは
思わなかったわw。しかも、
「お前、もういいから!」@冠葉って、どんだけwww。

相変わらず、ピングドラムを探せ、というプリクリ様。
初めて、そのあたりで口ごもられたような。
で、あの「日記」ではないらしい、とか。晶馬は
落とされてるのでw、「生存戦略」と称して、二人は
何してたんだろ。実は冠馬の何か、みたいですが。

ここ暫く、ゆりさんや真砂子さんの過去が語られて
ましたが、「今だ語られてない」田蕗さんが出てきました。
おかげで、ゆりさんとは「同志」であり、まるっきりの
「偽装結婚」ではないことが分かりましたが。

「桃果」を失った、あの事件。
「加害者家族」が許せないゆりさん。家族は別だよ、
と静かに語る田蕗さん。でも、決して彼が
「達観した」人でないことはすぐに分かります。
…この手の人が、一番怖いというか。
眞利さんは、すぐに戦争が始まる、などと言い出したし。

陽鞠さんとリンゴさんが一緒にお出かけしたのは
偶然なのかどうか。とりあえず、ここから話が
動くのは確か。

ゆりさんからすれば、リンゴさんと陽鞠さんが一緒なのは
千歳一隅のチャンスだろうし、田蕗さんからしても
どうやら同じみたいで。

というか。
やっぱりゆりさんと田蕗さんは「同志」だわ。ゆりさんに
真砂子さんの「妨害」が入ったときに、自分が動ける
よう、打ち合わせしたとしか。>田蕗さん。

で。
真砂子さんが「アレ」って、いつ分かったんだろ?ゆりさん
wwww。二人の決闘シーンはもはや「お約束」なのですがw。

「高倉家の人間に罰を与えるよ」
…今更ですが、メインキャラは映画「南極物語」関係から
名前ついてるようで。そのあたり、伏線はいるのかな。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#123. | トップページ | DVDシリーズ「惑星ロボ・ダンガードA」VOL.3(Disc6)感想。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/42848967

この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム#17.:

» 輪るピングドラム 第17話 [ぷち丸くんの日常日記]
入院中の陽毬が眞悧の薬ですごく元気になる。 冠葉と晶馬は、病院に内緒で陽毬の病室でたこ焼きパーティーをすることに。 見張りばかりさせられる晶馬はすごく不満だが、陽毬がたこ焼きを持って来て くれた。 和やかに時間が過ぎ、陽毬はマフラーから大物にチャレンジ中で、セ... [続きを読む]

» 輪るピングドラム第17話感想「許されざる... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
日記の半分はゆり。もう半分は夏芽が---------------。日記をそろえて運命を書き換えられるのなら・・・陽毬が元気になることだって・・・。観測的希望を訴える晶馬。だが、冠葉は余計な... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 第17話 感想「許されざる者」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
日記の半分はゆり。 もう半分は夏芽が---------------。 日記をそろえて運命を書き換えられるのなら・・・陽毬が元気になることだって・・・。 観測的希望を訴える晶馬。 だが、冠葉は余計な事は考えないで、お前は笑っていろと命じるのだった---------。 今回のメ...... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 17TH STATION「許されざる者」 [無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-]
運命日記の半分は時籠ゆりが所持し、残り半分は夏芽真砂子が所持している。その事を掴んだ高倉晶馬と高倉冠葉。晶馬はもし日記によって運命を乗り換えることが出来るのならば、高倉陽毬を元気にする事も可能だと考えるが、冠葉はそんな事がある筈がないと否定し、陽毬は例の薬で元... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 17TH STATION「許されざる者」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
運命日記の半分は時籠ゆりが所持し、残り半分は夏芽真砂子が所持している。 その事を [続きを読む]

» 輪るピングドラム 第17話「許されざる者」 [Spare Time]
日記はゆりさんと夏芽さんの二人が所持し、ゆりさんの目的は運命の乗り換え―― 本当の目的かどうかは別として、もし可能なら陽毬の病気もなかったことにできるのか… そんな曖昧なことに頼らず、薬で地道に治...... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 17話 [アニメ徒然草]
もう夏芽さんが主役でええよ。 というわけで、 「輪るピングドラム」17話 譲れない願いの巻。 薬でも、日記でも、どっちでもいいからさ。 どっちでなくても、いいからさ。 誰か、陽毬さんの命を助...... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 17 「許されざる者」 [藍麦のああなんだかなぁ]
輪るピングドラム 17th STATION 「許されざる者」 です。 後半戦にな [続きを読む]

» 輪るピングドラム 第17話 「許されざる者」 [ゆる本 blog]
陽毬に再び「罰」という名の危機が近付く。「輪るピングドラム」の第17話。 日記の居所を確認する冠葉と晶馬、運命を書き換えられるなら陽毬も救えると考える 晶馬に、高くても効く薬があるという冠葉。...... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 第17話 「有為転変 - the vicissitudes of life -」 [物理的領域の因果的閉包性]
渡瀬眞悧は 『人間は自分の見たい願望や欲望だけを真実という』 と言っていましたが、これはどういうことなんでしょうか? 簡単に言うと 「常に見えているものだけが真実ではなくて自分が見たいと思...... [続きを読む]

» 輪るピングドラム第17話『許されざる者』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
オオサカ国民の主食であるたこ焼きパーティーが催されるとあっては、リアルタイムで見ざるを得ないよね!というわけでなんとも楽しげな内容になりそうでしたが、冠葉から晶馬にサネトシについての説明があったり、ゆりが真砂子とガチ対決したり、ペンギン女王が最後の宣告...... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 第17話 「許されざる者」 [SERA@らくblog]
たこ焼きウマーなお話(違) ペンギンズはタコと戯れすぎですw プリンセスは 今だにピングドラムが日記なのかは明言しませんね。 何のか気になる気になる(笑) ▼ 輪るピングドラム 第17話 「許され...... [続きを読む]

» 【アニメ】輪るピングドラム 17話 お前達が大切にしているもの [おもしろくて何が悪い ケの人集会所]
輪るピングドラム 17話「許されざる者」 の感想を 着実に前に進んでいるように見えていたけど それは同時に、運命の日に近づいている事と同じ もうすでに、カウントダウンの針は動き出していたのかも知れないな・・・ ... [続きを読む]

» 【輪るピングドラム】17話 多蕗さんが本性を現したが想定の範囲内ですw [にわか屋]
輪るピングドラム #17 許されざる者 338 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 02:25:40.55 ID:GKg7DVYj0 たぶき黒化は予想通り過ぎるwww 269 名前:風... [続きを読む]

» 輪るピングドラム 第17話 『許されざる者』 [こいさんの放送中アニメの感想]
絶対に許さない。ゆりが争奪戦に参戦しましたが、じゃあ多蕗はどうなのか。ようやくそれが語られる回が来ましたね。 ゆりは高倉とその家族は許せないと言う。一方の多蕗は恨んで桃香が戻ってくる訳もないと達観している。でもゆりの「桃香は死んでない」には同意してますね。 この二人互いに好き合っていると言うよりも、桃香繋がりで一緒にいるだけなのかな。傷口を舐めあうために一緒にいるというのはちょっと悲しいですね。 陽鞠は騙されているのかバカなのか。目を離した隙に買い物に出かけてしまう陽鞠。そして夜の投薬までに帰って... [続きを読む]

» (アニメ感想) 輪るピングドラム 第17話 「許されざる者」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
輪るピングドラム キャラクターソングアルバム(2011/12/21)トリプルH商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示...... [続きを読む]

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#123. | トップページ | DVDシリーズ「惑星ロボ・ダンガードA」VOL.3(Disc6)感想。 »