« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#122. | トップページ | 世界一初恋2 #3. »

劇場版・電人ザボーガー感想。

宇宙船別冊 電人ザボーガ― (ホビージャパンMOOK 421 宇宙船別冊) Book 宇宙船別冊 電人ザボーガ― (ホビージャパンMOOK 421 宇宙船別冊)

販売元:ホビージャパン
発売日:2011/10/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

観てきました。
リア世代です。やっぱりあれでしょ、
「バイクに顔がついてて何が悪い!」というw。
「W」でのアクセル変形フォームでも、
「仮面ライダー」と言うより、「ザボーガーやん」と
ツッコミ入れてましたしw。

さて。
タイトルの語感がとにかく無性にカッコいい、
のですが、ロボ的には何気に、と言うのが
ピープロ作品(おい)。つか、いかにも
「ピープロ」だったのですが。
それが何故今、リメイクなのか。しかも、
「ゴーオン」の古原君登用で。と思ってましたが、

そうか、これも、
「あのときの作品、今の自分ならこう出来る」だったかと。
そう思う人は多数。中でも少数が同人やブログで二次創作。
公式で「二次」が出来るのは、本当に限られた成功者しか
いない現実で、井口監督もやっちゃいました。

古原大門の髪型がアレ、だったのは、やはり「時代」への
オマージュだし。キャストがそもそも、竹中直人氏に柄本明氏
と言うのが、既に方向性を決めている(おい)。

で、どう観ても
「あの時代の子ども向きエスエフ」テイストな
「ミスボーグ」のデザインが、

ここまで説得力あるエロカッコいいものになるとは。
これを着た山崎さんの漢気に免じて、次に繋がってw。

オリジナルキャラとかストーリーとかをあくまで
踏襲した上で、「今時のテイスト」をてんこ盛りにする。
表向きは「こうだった」けど、実は大人的には
「こんな感じ」だったのでは?と推測したものを
あえて暴露した、と言ったつくりでした。
「子供向けヒーローもの」である以上、見せては
いけない「黒」なあたりを、思い切って前に出す。
これは実はこうだったんだよね?そのとおり、と言った
具合。

ザボーガーと大門が、リアルで「兄弟」設定。ここと、
シグマ団の設定全てで、物語が語られてるのが吹っ飛んでる。
つか、そこから「親子」に繋がるか;。
…そういえば、先ごろの「ゴーカイ」でも炎神たちが
有り得ないことになってましたがw、もしかしたら
ここのところが繋がっていたのかもw。

で、大門が果てしなく真っ直ぐすぎる;。気の毒な
位に;。これも「ザボーガー」を得ることの等価交換
だとしたら、かなり厳しい代償なのですが。

国会議員あたりが、やたらと狙われて襲われて、と言うのは
このあたり、世相反映させてるかもしれませんが。

ヒーローがカッコいいのは、ほんのひと時で、プライベートは
お世辞にも、と言うシビアな展開、入れてくれました。つか
刑事さんたちが首になっていた、と言うのは衝撃。

でも、第二部。スタッフもそうですが、かつてのリア層が
ほぼ同世代。送り手も受け手も「同じ時代を生きてきた」
という。ヒーローの表も裏も、知ってしまった大人ですが。

それでも、やれば出来ることはある。そのくだりから、
ついには「巨大女子高生ロボ」から日本の壊滅を
救ってしまうという;。
(このジャンボロボ。何気に「ダンダンさん」に通じる
と思うのですがwww)

オリジナルと違い、とにかく
「綺麗なお姉さん」がビキニでアクション!という、ある意味
「男ドリーム」てんこ盛りだったのが嬉しい、というかw。
しかもこれ、全て「ロボット」設定。流石だw。

しかも、ラストのラストが。
「パラリンザボーガー」ですかそうですか。
「パラリン」は「パラリンピック」から来てますね、
多分。そこまで突き詰めるとは、何たる愛情。

いろんな意味で、「ライダー」シリーズ(最近の)とは
一線画してます。人間くさい、と言うか、泥臭い、と言うか。
でも、それが「ザボーガー」の色なのだから、いいんでしょう。

今、こんな時代だから、ザボーガーは蘇れたのでしょう。
少なくともリア世代の「ストライク」な方々は、是非とも
観に行かれますことを。
(トラウマとか関係無しに)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#122. | トップページ | 世界一初恋2 #3. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/42683524

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版・電人ザボーガー感想。:

« 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#122. | トップページ | 世界一初恋2 #3. »