« 機動戦士ガンダムAGE #2. | トップページ | 輪るピングドラム#15. »

世界一初恋2 #2.

「One cannot love and be wise.」

前回観てたくせに、レビュー出来ませんでした;。
でも、相変わらずの安定ぶりで何より。

明らかにBL(しかもリーマンスーツ物)であるにも
関わらず、しかもかなり
「濃ゆい」台詞の応酬が続くのに、すんなりと納得して
観れるのは、ひとえに

皆さんが社会人として独り立ちしている

からではないかと。

「社会人」と言う前提があってこその葛藤が、
皆さんの立ち居振る舞いに嘘じゃないリアル感が
あるのであり。

そういう意味で、このシリーズは物凄く楽しみ
だったりします。

今回も、クリスマス時期の年末進行中の
「修羅場」とか。

とりあえず、律は自分を認めるべきじゃないかと
思いながらも。
(そうすれば、今の妙な修羅場からは解放されるような
気がしますが)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 機動戦士ガンダムAGE #2. | トップページ | 輪るピングドラム#15. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/42597027

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一初恋2 #2.:

» 世界一初恋2 第2話「One cannot love and be wise.」 [MAGI☆の日記]
世界一初恋2の第2話を見ました。 第2話 One cannot love and be wise. ――あの頃、ずっと勝手に想像していた。クリスマスには先輩と二人でケーキを囲んでプレゼントを交換、ロウソクのオレンジ色の...... [続きを読む]

» 世界一初恋2 第2話「One cannot love and be wise.」 [しるばにあの日誌]
直訳:一つでは恋することも分別できない。 [続きを読む]

« 機動戦士ガンダムAGE #2. | トップページ | 輪るピングドラム#15. »