« DVDシリーズ「惑星ロボ・ダンガードA」VOL.2(Disc3)感想。 | トップページ | BLOOD-C #12.(最終回) »

東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#118.

http://www.toei-anim.co.jp/sp/robotgirls/comic/comic.html
4人目さん登場から3週目、だそうです。

とりあえず、
「記憶再生装置」のくだりで、「ミラージュの試練@ハトプリ」
を思い出したのは自分だけw。

「過去の自分と向き合い、受け入れること」がどちらも
大事だという。

その流れでいけば、「電王」も同じカテゴリになるのでは
と思い、まずは流してみると。

「今」が上手く行かない人に、「イマジン」が取り憑く。
「『あの時』に戻れる切符があるが、どうする?」
「あの時、こうしていれば良かったのに」と思われる
日時と場所。出来るなら、もう一度戻ってやり直したい。
そんな心の隙に付け込み、「契約」を交わす。

しかして。傍若無人で手段を選ばない「イマジン」達。
彼らの目的は「時間を改悪すること」。「契約」は
本人の思いとは真逆にかなえられてしまい。
(以下略)

そういえば、このカット時のタクマの「望み」は
何になるのかと考察してみる。

・お父さんに会って、真相を確かめたい。
かなあ。…どんなイマジンが来るんだw。

何れにせよ、この作品世界では、「これ」をはじめとして
「記憶」や「精神」レベルに介入出来る技術が開発・
実用化されているということで。…宇宙母艦建造以上に
こちらのほうが凄いと思いますがw。

とりあえず、「Climax Jump」(電王主題歌)はこちら。
当時、あらゆるアニメのテーマとして馴染み過ぎるw
ことで一時期話題になりました。

「鉄道」繋がりで「999」はたびたび話題になりましたが、
「ダンガード」でも歌詞とのシンクロぶりは半端ないと
思いますw。改めて。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« DVDシリーズ「惑星ロボ・ダンガードA」VOL.2(Disc3)感想。 | トップページ | BLOOD-C #12.(最終回) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/42129355

この記事へのトラックバック一覧です: 東映ロボットガールズ研究所・ガールズレポート#118.:

« DVDシリーズ「惑星ロボ・ダンガードA」VOL.2(Disc3)感想。 | トップページ | BLOOD-C #12.(最終回) »