« いつか天魔の黒ウサギ #4. | トップページ | 輪るピングドラム#5. »

牙狼~RED REQUIEM~ 感想。

牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜 [DVD] 牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2011/08/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっとDVDで観る事できました。
改めて感想挙げますが、まずは一言。

観なさい。
(これかよ)

…これから年末にかけて、某作品祭モードに
なるのでw、今のうちに。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

かつてのTVシリーズからのファンにしては、
少し寂しいかな、と思いましたが。
(カオルも玲もいないので)

「魔戒法師」と「魔戒騎士」との関係とか、
そのあたりの掘り下げが詳しいというか。

考えてみれば、
「女子は魔戒騎士になれない」だけで、別に「法師」が
男性でも構わないわけです。ただ、このあたりの話を
邪美さんですると、またややこしいことになりそうなので
(おい)
新たに「烈花」さんの登場となったような。
それにしても、今度は新体操ヒロインというのが。
…邪美さんの中の人がバレリーナだったところから、
この路線確定したようなものですが。
それにしても、これだけ「動ける」人が居られる、
というのが凄い。
(これは「鋼牙」を演じる小西君にもいえるのですが)

幼い頃の鋼牙の話は、これまでにも語られてましたが、
烈花のお父さんも、また「魔戒騎士」であったという。
…ツダカン降臨w。それにしても、このあたりがお似合い
なのがw。

エピソード的には、
「最強ホラーを追って来た鋼牙と、その街を守る
魔戒法師たちとの出会いと戦い」そのもの。
ただ、かなりハイスペックなスキル餅のホラーなため、
バトルとしてはかなり厳しいものに。

「世界が危機」ではなく、「鋼牙」本人が危機という。
逆に言うと、それだけ生身のアクションにかなり比重が
かかったわけですが。

いくら「中の人」居られるとはいえ、やっぱり凄いです。
個人的に凄かったのが、
「シオン」=澪姫@ジャスティライザーな、江口ヒロミさん。
恐らくは、「実写版ハニー」での、「パンサークロー」の演技で
来られたものと推測。

そのほかにも、相変わらず雨宮監督は、「凄い人」を
使われます。

全体の「カタルシス」という意味では、今回のほうが
「ため具合」が半端なかったような。「鎧持ち」の
魔戒騎士が、「牙狼」しかいないのでこうなりましたが、
恐らくは、「魔戒法師・烈花」に焦点当てるためだったの
かも、と。

最終形態の「牙狼」。飛翔モードになると、いきなり
仏像っぽくなるのがw。

これで終わりではない。また合う日まで。
ラストは少々寂しいかもしれませんが、「希望」という
テーマには十分即したものかと。

劇場版を見そびれてほぼ一年。やっと見ることできました。
期待に負けない、いい作品かと。
そういえば、TVシリーズもまた始まるそうですし。

« いつか天魔の黒ウサギ #4. | トップページ | 輪るピングドラム#5. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/41086189

この記事へのトラックバック一覧です: 牙狼~RED REQUIEM~ 感想。:

« いつか天魔の黒ウサギ #4. | トップページ | 輪るピングドラム#5. »