« 仮面ライダーオーズ#34. | トップページ | 世界一初恋#6. »

花咲くいろは#7.

「喜翆戦線異状なし」

巴さん、お当番回。いろんな能登さんヴォイスが聴けて
お得wな回。でも、ガチで地元の方、だったとは。
とすると、お母ちゃんとの電話でのやり取りは
リアルネイティヴだったわけですねw。

巴さん、円満退職を目指して?
後輩達が初めてで扱いに困っている
「サバゲー」常連客さんたちに
「ふさわしいおもてなし」をすることに。

…自分の世界に浸りすぎている「オタ」は、どこへ行っても
扱いに困られていますが、この方々もその想定内で。

「本格展開」のため、旅館の料理を食べないのなら、
そもそも「素泊まりで」と断ればいいのに、と思いつつ。
(その分、安くなるはずだしね)
「このおにぎりは、板前見習いが作りました。」@巴さん。
でも、サバゲーさんたちには、

「このおにぎりは、見習い美少女の手によるものです。」
な事実のほうがインパクトあったんだろうなw。伊達に
同級生から「高原の姫」扱いされてないわw。>民ち。
普通に外見は「正統派美少女」ですからw。>彼女。

風呂場覗きは、いくらなんでも普通に犯罪だと思われますが;。

(というか、これが真の目的だそうだから)
それでもど真ん中立ち向かう巴さんが男前w。
でも、入っていたのが次郎丸さん;。このために貴方は
いたんですよw。

結局、巴さんの目論みは真逆の結果となり。
「仕事の面白さ」に気づいてしまった巴さんは、実家に
帰ることを辞めた、というし。うん、後輩達から
「姉さん」呼ばれたら、思わず萌えるでしょw。

普通にギャグ回ではありましたが、「お仕事アニメ」の
面目躍如でもありました。こういうご褒美があるからこそ、
仕事を続けていけるんだしw。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 仮面ライダーオーズ#34. | トップページ | 世界一初恋#6. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/40029953

この記事へのトラックバック一覧です: 花咲くいろは#7.:

» 花咲くいろは 第07話 『喜翆戦線異状なし』 [こいさんの放送中アニメの感想]
逃げる奴はベトコンだ!逃げない奴はよく訓練されたベトコンだ!!という、映画『フルメタル・ジャケット』のパロディが出てくるとは思わなかった。今回は仲居頭・輪島巴が中心のお話です。 輪島巴28歳高校時代の友人はみんな結婚。実家から身を固めて孫を見せろの催促。代わり映えのしない仕事の毎日。緒花たちのはじける若さを目の当たり。本人も行き詰った感がして悩んでいるみたいです。 因みに「逃げる奴は~」の元ネタ詳細はこちら。「戦場は地獄だぜ」「フゥハハー」で検索できます。主人公が乗ったヘリの... [続きを読む]

» 花咲くいろは 第7話「喜翆戦線異状なし」 [Spare Time]
実家から縁談を持ちかけられた巴さん! まわりは皆結婚してることや、旅館の経営が切迫してることもご近所ネットワークでばればれのようで(苦笑) 親を喜ばせたい気持ちもあるし年齢的にもとわかってはいるけ...... [続きを読む]

» 本気でなければ運命に出会えない。 朝夕のANIMEより [義風捫虱堂]
シュタインズ・ゲート#7「断層のダイバージェンス」 神のみぞ知るセカイIIFLAG 6.0 花咲くいろは 第07話 [続きを読む]

» 花咲くいろは 第7話「喜翆戦線異状なし」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
今回の担当は巴さん--------------♪ 実家から見合い写真を送りつけられ、結婚を迫られる巴。 あらら〜。 どうやら高校の同級生はみんな結婚してしまったようで、母親からの矢のような催促。 「結婚、結婚」 ・・・あぁ。 私も耳が痛いっ(><)lt;emoji code=&...... [続きを読む]

» 花咲くいろは 第7話「喜翆戦線異状なし」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
今回の担当は巴さん--------------♪実家から見合い写真を送りつけられ、結婚を迫られる巴。あらら~。どうやら高校の同級生はみんな結婚してしまったようで、母親からの矢のような催促... [続きを読む]

» 花咲くいろは 7話 [アニメ徒然草]
誰かに求められる。それはとってもうれしいなって。 というわけで、 「花咲くいろは」7話 あこがれ少女の巻。 巴さん大暴走。 辞めるために頑張ったつもりが、なぜか逆方向に大当たり。 辞めるの...... [続きを読む]

« 仮面ライダーオーズ#34. | トップページ | 世界一初恋#6. »