« 「宙に輝け、満開の花」#3. | トップページ | 仮面ライダーオーズ#25. »

スイートプリキュア♪#5.

「ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ♪」

巷で話題の「プリキュアぴあ」買いました。
密林だったので、クリアファイル特典は逃しましたが。
少なくとも、ポストカード付録は絵描きにとっては
ポイント高しw。

いわゆる「楽屋裏」メイン構成なので、あいにくと
中身はまるっと「大友」仕様;。娘が早速見つけ
ましたが、
「・・・悪いけど、それ貴方向きじゃないし。」と
念を押したという;。

「パーフェクトハーモニー」がこちらでも必要
というお話。
加賀美パパンが赤い靴とか何とか言ってたのを
思い出してしまいましたがw。

冒頭のクラゲもどきなネガトーン。早速お仕事。
でも、
「パーフェクトハーモニー」が足りないばかりに
四苦八苦。
(でも、中の人的にはラッキーハプニング?)
こんな状況でどうやって片をつけたのかはさておき。

ハミィさん。困りました。
5話目になるというのに、このプリキュアさんたちは
ちっとも上手くいかない。
同じ町に住む幼なじみの適齢期の女子。これほどまでに
好条件なのに。

何でこんなに喧嘩ばかりするのかと;。

実は、「仲が悪いから」するのではない;のですが、
プリキュア起動するには、そんな甘いことを言っては
いられない。

心を一つにするために特訓?(ピアノの連弾)
そんなことするくらいなら

プリキュア辞める!

…花咲さんや桃園さんが聞いたら、まず
正座してそこへ直れとばかりにお説教が
始まりそう;。

そんなときに、海外の北条ママンから
わが町案内のレポーターよろwの連絡が。
世界も狭くなったもんですが、それ以上に。

響さんのカップラーメンが気になる。
北条家の食生活が(ry)。

お約束を経て(おい)、いざ収録。
この町はいわゆる
「通年ジャズストリート状態」と見たw。
いたるところで音楽が溢れてる。
レポートですが、最初から上手くいくはずが無い。
そりゃそーだ。だってプリキュアのスキルは
そこまで及んで無いし。(おい)

テレビ電波を通じて、「マイナー音楽」を聞かせようと
画策したセイレーンさん。着目点は良かったと思います。
が。
お着替え変身始めた時点でオチがwww。
(個人的にはエレンさんの見せ場でしたが)

テレビカメラの前に現れたエレンさん。歌を
歌おうとしたら、

テレビカメラの中に♪発見ww。

…ここで♪奪取すれば仕事終わるのに、ネガトーン
出してしまう性が悲しいw。

たまたま「心を一つに合体技」モードになっていた
スイプリさんたち適うはずもなく。

エレンさん、おまけに「テレビ初出演」までなくなって
おりましたw。だって、あれ、ライブじゃなかったしねw。
準備してあげてる3部下さんたちがけなげw。すっかりネタ
要員ですが、今後の活躍に大いに期待w。

響さんがピアノを避けてた理由。
腕が落ちていたから。簡潔。そりゃそうだろう。
5年も離れてたらそんなもんだ。

なので、奏さんはもっとゆっくり構えていても
いいと思います。もともと仲良いんだしw。

…ハミィはあれだけのピザを食い尽くしたの
だろーか;(汗)

「今週の販促」
キュアモジューレは、「オカリナ」になるんだそう
ですが、でかいホイッスルに見えたのは(ry)。
 

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 「宙に輝け、満開の花」#3. | トップページ | 仮面ライダーオーズ#25. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

もう見ました、面白いですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/39132140

この記事へのトラックバック一覧です: スイートプリキュア♪#5.:

» スイートプリキュア 第5話 感想 [KAZUの暮らし]
二人とも、また放送が始まってすぐケンカするのね・・・ 一緒にピアノの練習をするってことは、本当に叶うんでしょうかね@@ [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 5話 [アニメ徒然草]
セイレーンさんがネタ要員に…というわけで、「スイートプリキュア♪」5話瞬間、心重ねての巻。息が合わなきゃ必殺技不発、ってことで特訓を申し出る奏さん。思い出のピアノにこだ ... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 第5話「ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ♪」 [♪風の〜吹くまま〜気の向くまま〜♪]
心が1つになったと思ったらまたバラバラ。 響と奏に足りないのはハーモニーパワー! ハーモニーパワーとは…ハーモニーのパワー。 ハミィは2人に2人で1つの曲を演奏する様に提案する ... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪感想/第5話「ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ♪」 [Girlls Fiction Fan Blog(GFFB)-少女創作ファンブログ-]
 「オカリナとして吹くこともできるニャ」(ハミィ)  スイートプリキュア♪第5話「ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ♪」の感想です。 [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 第5話「ドタバタ!テ... [MAGI☆の日記]
スイートプリキュア♪の第5話を見ました。第5話 ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ♪必殺技の“プリキュア・パッショナートハーモニー”を使うべく、2人の心を合わせることで... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 第5話「ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ♪」 [破滅の闇日記]
ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪/ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!(2011/03/09)(アニメーション)、工藤真由 他商品詳細を見る  相変わらず喧嘩ばかりの響と奏です。アバンのバトルでも息が合わずにプリキ...... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 第5話「ドタバタ! テレビレポーターに挑戦だニャ♪」 [SERA@らくblog]
なかなか息もあわず、技もだせない二人。 ハーモニーパワーなるものがないせいらしいですが…。 心を合せるためにピアノの練習をしようと奏が言うが、響が拒否。 またも喧嘩(^^; 響もこんなはずじゃと...... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 第5話「ドタバタ! テレビレポーターに挑戦だニャ♪」 [のらりんすけっち]
前半ケンカ、後半仲直りというパターンは定着? 「ケンカするほど仲がいい」を地で行ってる響と奏。 バトルシーンでも不協和音からいつ変身が解けやしないかとハラハラ (^_^;) スイプリでは「協調性」...... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 第5話 感想 「ドタバタ テレビレポーターに挑戦だニャ♪」 [1977年生まれのオタク人生]
HAHAHA! 喧嘩、そして仲直り。 お約束がずっと続くよぉ! 友情エネルギーが300バロム以上ないと変身できない、とかそんな感じですね・・ しばらくは日常生活と痴話げんかの繰り返しなのでしょうか...... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 第5話 ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ♪ 感想 [書き手の部屋]
響と奏が、加音町のテレビレポーターに??? はじめはいやがっていた二人だけど、 響はピザの食べほうだい、 奏はあこがれの音楽王子隊のインタビューにつられて、引きうけちゃったわ。 さつえい当日。...... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 第5話 ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ♪ 感想 [書き手の部屋]
響と奏が、加音町のテレビレポーターに??? はじめはいやがっていた二人だけど、 響はピザの食べほうだい、 奏はあこがれの音楽王子隊のインタビューにつられて、引きうけちゃったわ。 さつえい当日。...... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪  第5話  ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ [しるばにあの日誌]
(プリキュアシリーズ通算 346話 ケロロ軍曹通算 354話<ケロロは3月末で一旦終了します>) [続きを読む]

» スイートプリキュア♪(第5話) [Jimmys Impression]
うおっ!? リズムとメロディが合ってない! と、攻撃ができないんですか。いや、ハミィはいい味を出してますね。 なんでもできる三石琴乃さん。最高です。 映画バージョンのOPよいですね。 黄色組みのぼけ具合とか、ピンクが1人ずつかわるがわる出てくるシーンとか。 響ママ初登場。 カナデかわいー! カナデ最高ー! カナデ、スタッフにあやつられてますね。 コンサートで寝たり、TVカメラの前で激緊張したり、王子様にあこがれてたり。 カナデの容姿から想像されるイメージと異なった一面が、とてもよいアクセントに... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 第5話感想 [サイネリア~わたしのひとりごと~]
タイトル「ドタバタ! テレビレポーターに挑戦だニャ♪」 [続きを読む]

» ヤツは口が利けたのかと、今さらながら驚い... [狂人ブログ ~旅立ち~]
 例の3人組の低音、歌以外で声聞いたの、多分始めてだわ。てっきり、「ヤー」と「ナイン」と「しまった」と「チェックメイト」しか喋れないのかと。(つーか、「プリキュア」観て... [続きを読む]

» スイートプリキュア♪ 第5話「ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ♪」 [穴にハマったアリスたち]
【今週のOP】 公開2週間前にして、特殊OP起動。 「早く映画館に行かないと、良いところ全部見せちゃうよ?」月間に入りました。 脅迫以外の何物でもない。 脳細胞の足りないピンクチームか、決定力に欠けるブルーチームか。 それとも何もかもが足りてないイエロー...... [続きを読む]

« 「宙に輝け、満開の花」#3. | トップページ | 仮面ライダーオーズ#25. »