« インフィニット・ストラトス#6. | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ #8. »

「宙に輝け、満開の花」#2.

「自由と正義の名の下に・1」

「え、と。ここで待っていればいいはず、
なんだけど。」
つぼみは潮風来る駅前の停車場で、「迎え」を待っていた。

彼女が行くべき先である、
「ジャスダム基地」は、今は、以前建造されていた
「飛島」にある。ここはいわゆる「離島」にあり、
出入りには専用の連絡船もしくは地下トンネルを
通るかのいずれかのルートしかない。当然、
「これから」のものにとっては交通手段が無いも
同然であり。しかも、関係者以外は立ち入ることも
出来ないように、厳重なチェックがされているのは、
もはや言わずもがな。

「迎えのものをよこすから」待ち合わせ場所を
あらかじめ指定されたいたつぼみは、まずは
それに従うしかなかった。

「誰が来てくださるのかな…。昨日の、あの人
だったら凄く嬉しいんだけどな。」
この年頃の女性の、極めて当たり前な期待。しかし、
仮にも
「このミッションにおけるエースパイロット」である
人物が、新人の迎えになど来るはずもなく。

「つぼみ、昨日のあの人が来てくれる事考えてるですぅw。」
シプレから早速のツッコミが。「ぬいぐるみ」としてかばんの
中に入ってもらっていたはずなのに、いつの間にかつぼみの
頭の上の「定位置」に。

「違いますよ、シプレったら;。」余りのど真ん中ぶりに
真っ赤になっているところに、

「貴方が、花咲つぼみさんかしら?」
車のドアが開いて、凛とした、それでいて華のある
若い女性の声。
「え、あ…はい!そうです!!」
いきなりの呼びかけに、狼狽するしかない、つぼみ。
当然、シプレも固まってしまい。

「頭の上にぬいぐるみを乗せてる?…」小さな女の子なら
ともかく、妙齢で、なおかつ「色々といわくあり」なはずの
若い女性が、

ぬいぐるみ on the head というのは余りにも
シュールではないか?

「すいません。これ、しまいます!」あたふたとかばんの中に
「それ」をしまいこむつぼみの姿を見て、微笑む彼女。
「大丈夫、あわてないでいいから。」
もしかしたら極度の緊張から来るものだったのでは、と
それなりに状況を解釈し、できる限り、この「妹分」になる
はずの新入りをリラックスさせないと、「彼女」は考えて。

「初めまして、花咲つぼみさん。私は霧野リサ。ジャスダムでは
オペレート担当しているの。」初めて会った人ならば思わず
引き付けられる、華やかな笑顔だったのだが。

「ええええ!ということは、第一期チームの『紅一点』さんで、
すなわち、
『あの人』の『そういう人』おおおお!!」
逆効果;。昨日のことを思い出したつぼみは、ますますパニック
状態に。当然だ。まさかこんなに早く『本人』に出会うとは。

明るい金茶色のセミロング。光に当たれば金色にも見える。
切れ長の鳶色の眸。清楚な外見にも関わらず、機敏な物腰は
何気に友人である明堂院いつきを思い起こさせる。

「貴方が、あの花束を選んでくれたのね?有難う。
あれだけ見事なチューリップを見たの、随分久しぶり
だったから。是非、直に会ってお礼が言いたかったの。」
「あ、いえ、とんでもないです。こちらこそ。
お客様のリクエストにお応えしただけだったので。」

「地球では、異常気象がすっかり当たり前になっていて。
…チューリップですら、自然では咲かなくなって久しいし。
本当なら、今の時期のチューリップは『春の使者』のはず
なんだけど。」
「チューリップ、お好きなんですか?」
「ええ。『春』そのものだしね。それに、花言葉も可愛らしい、
というか。」
「チューリップの花言葉、ご存知だったら、ごめんなさい。
白と黄色、できれば避けたかったんですけど。」
「いいのよ。彼のことだから、きっと気にしない、とか
言ったんだろうし。」くすくす笑いながら。

さすが、見てきたような図星っぷり。言葉の裏に見え隠れする
「絆の積み重ね」を垣間見た気がした、つぼみだった。

「こうしてみてると、ちっとも心配するところなんか無いのに?」
あのとき、「彼」が見せた、憂いた表情。

数々の「思い」をはらみつつも、車は目的地へと向かっていた。
(1.了。2に続く)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

前回まではこちら。

プロローグ

« インフィニット・ストラトス#6. | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ #8. »

ハトプリ・二次創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/39006418

この記事へのトラックバック一覧です: 「宙に輝け、満開の花」#2.:

« インフィニット・ストラトス#6. | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ #8. »