« STAR DRIVER 輝きのタクト#13. | トップページ | 屍鬼#20. »

たちゅまる劇場「新造人間キャシャーン」

往年のタツノコ作品を紹介してくれるこの枠。
今月はこれでした。

実は、再放送で昔見ていたはずでしたが、
意外と最終回見てなかったことに気づきました;。
というか。
第一回と最終回と中2話のほとんどに、ルナの出番が
ほとんどない;。

まずは感想。
37年ほど前の作品になるのですが、今ならば絶対
ゴールデンには乗らないレベルのバイオレンス描写;。
そもそも、設定自体もかなり厳しいものでしたから。

キャシャーンのアクションが良く動くのは、
今に始まったわけではないのですが、
「人のために作られたはずの機械が反乱を起こす」
と言うのは、あながち笑えない設定かと。

で、それ以上に。
「新造人間になったら元の人間には戻れない」こと。
考えてみれば当たり前なのですが、それでも最終回では、
東博士が息子に
「いつか元に」と言ってたり。

そのまま時が過ぎ、自分は変わらず、周りが変わって
いくとしたら。
覚悟していたとはいえ、厳しいかも。

しかし、話的には今でも十分通じるところがある、と。
むしろ、科学技術が進歩した今のほうが、身近かと。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« STAR DRIVER 輝きのタクト#13. | トップページ | 屍鬼#20. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/38253158

この記事へのトラックバック一覧です: たちゅまる劇場「新造人間キャシャーン」:

« STAR DRIVER 輝きのタクト#13. | トップページ | 屍鬼#20. »