« STAR DRIVER 輝きのタクト#9 | トップページ | そらのおとしものf #\9. »

薄桜鬼 碧血録 #20.

「散ずる桜花」

次々と退場する新撰組の面々。
今回はついに山南さんと平助君。
そして…網道のおじさんまでもが;。

山南さんについては、中の人繋がりで
某ブレドランさんを思い出したりしましたが。

羅刹隊は居てはならない。
なので、自らが幕引きをする。
羅刹となったものの、最後の後始末。

羅刹は、最後は砂になるのですか。
今更ながらあの時に、沖田さんの姿が見えなかったことに
納得。

そして。
手段は間違っていたものの、網道さんは千鶴を
ちゃんと愛していた、と言う事実。
彼もまた、自分の犯した過ちの責任を取ったかと。

それにしても。
こうして「同士」が次々と
「桜が散る如く」退場していくのは、さすがに辛いです。

そんな中。
蝦夷行きを決めて、千鶴さんをおいていくことにした
土方さん。巻き込みたくないゆえの行動なのですが。
…やっぱり、千鶴さん的には辛いですってば。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« STAR DRIVER 輝きのタクト#9 | トップページ | そらのおとしものf #\9. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/37909843

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼 碧血録 #20.:

» 薄桜鬼 碧血録 第20話 [ACAデラックス]
「敵を欺くには、まず味方からと…」山南さんと平助君退場の回。 仙台城はもぬけの空 [続きを読む]

» 薄桜鬼 ー碧血録ー 第20話 散ずる桜花 [しるばにあの日誌]
(薄桜鬼シリーズ 21話目) [続きを読む]

» 薄桜鬼碧血録#20「散ずる桜花」感想 [おぼろ二次元日記]
仙台藩に入った千鶴と土方。けれどそこで待っていたのは辻斬りの噂!?「散ずる桜花」仙台藩に入ってから山南、羅刹隊と連絡が取れずに悩む土方。が、ある日平助が姿を現し、仙台城... [続きを読む]

« STAR DRIVER 輝きのタクト#9 | トップページ | そらのおとしものf #\9. »