« たちゅまる劇場「新造人間キャシャーン」 | トップページ | 「英語版総集編 惑星ロボ・ダンガードA・2」感想、追記。 »

屍鬼#20.

「第腐汰悼話」
先週録画に失敗しました;。と言うことで。

ついに人間側の屍鬼狩り、と言うことですが。
大川の親父さん、ガチ無双。と言うか、
既に外見が仁王さんのようなのですが;。

それにしても、流血の限りが尽くされてます。
最近の作品で、深夜枠とはいえここまで血の匂いが
充満したものはそうないような。

大川親父さんは、それでなくとも息子がしでかしたことの
責任を大きく感じたのでしょう;。つか、この人が一番
辛いってば;。

一方では、ひたすら地下にもぐる沙子と清信。辰巳が
えらく好青年に見えてしまう;。
『…食事をさせてもらっていいですか?』
『左で、宜しかったでしょうか?』
何故だかこのシーンに萌えそうに;。

なりたくてなったんじゃない。
おなかがすいたから、食事をしただけ。
でも、神様はきっとこんな生き物である
私を許さない。
私だって死にたくない。

である沙子とは対照的に、

「目の前の食事」=やすよさん をとらずに、
「死」を選んだ律ちゃん。最後は徹も彼女と
「死」を選んだわけですが

最後は綺麗に描かれていたのが、せめてもの
手向けかと。

そして、血なまぐさい大量虐殺は続く。
…いろんな意味で、人間って怖いわ;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« たちゅまる劇場「新造人間キャシャーン」 | トップページ | 「英語版総集編 惑星ロボ・ダンガードA・2」感想、追記。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/38266325

この記事へのトラックバック一覧です: 屍鬼#20.:

« たちゅまる劇場「新造人間キャシャーン」 | トップページ | 「英語版総集編 惑星ロボ・ダンガードA・2」感想、追記。 »