« STAR DRIVER 輝きのタクト#7. | トップページ | 薄桜鬼 碧血録 #18. »

「英語版総集編 惑星ロボ・ダンガードA・1」感想、追記。

今回のこの企画は、いわば
「ジョルジオ・モルダープロデュースによる、メトロポリス」
みたいなものかと。
(今から30年ほど前ですが、かの高名な音楽プロデューサーである
同氏が、オリジナルはモノクロの無声映画であった同作品に、
音楽と色彩を加えて、新たに再構築したものを発表したのが
これ

切り込み具合で、新たな姿を見せると言うか、何と言うか。
そんな中。
いつもSHTブログのTBでお世話になっている「南海大決戦」
(TJ-type1さん)の「ハトプリ劇場版」の感想レビューでいきなり
気がついたことが。

そういえば、ドップラー「総統」も、始めは「教授」であり、
プロメテ移住計画では大江戸博士達と同じように推進スタッフ
だったはず。

それが、

・自分の意見を却下されて、
(プロメテには、選ばれたエリートのみが移住するべきだ)
・自分の意見に賛同する人たちだけで徒党を組み、
・自ら「軍団の総統」を名乗り、
・自分を受け入れなかった「世界」(この場合は大江戸博士達)を
 破壊すると宣言。

…「世界」を変えようとするやり方ですね。

で、主人公である一文字さんたちを省みると、
・「裏切り者の息子」の烙印を「世間」から押され、
 迫害されたタクマが、
・父親の汚名を雪ぐため、
・ダンガードAのパイロットを目指す。
=世間に「自分達」を認めさせようとする。
…「自分を変える」やり方ですね。

で、気になったのは、今回の編集では、
 タクマとキャプテンの関係が非常に濃密であること。
 他人が介入できない;。つまり、
「二人で世界が完結している」状態。
(まあこれは、ある意味し方がないことなのですが)

一方、ドップラーさんも、ひたすら
「ジャスダムチーム」の妨害しかしていない。これも
「世界が閉じている」ことになりますが。

まあいずれの関係にしても、「セカイの危機」と隣り合わせ。

…もしかしたら、今風に編集したら「セカイ系」の顔が出てきた。

だったとしたら、面白いかも。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« STAR DRIVER 輝きのタクト#7. | トップページ | 薄桜鬼 碧血録 #18. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/37685962

この記事へのトラックバック一覧です: 「英語版総集編 惑星ロボ・ダンガードA・1」感想、追記。:

« STAR DRIVER 輝きのタクト#7. | トップページ | 薄桜鬼 碧血録 #18. »