« 咎狗の血#6. | トップページ | 「英語版総集編 惑星ロボ・ダンガードA・1」感想。 »

バクマン。#7.

「涙と涙」

いわゆる「平成版・まんが道」なこの作品。
主人公たちが思春期であれば、当然恋愛フラグも
立って当たり前。

と言うことで、「めざせ手塚賞」の動機付けの一つに、
そういった恋愛がらみの理由があるのは至極自然かと。

でも、せっかく隣同士なのに、
「普通のクラスメート」としての付き合いまでも
お預け、は普通、ありえないw。
(フィクションだからあり、ともいいますが)

亜豆さんも最高も、今時極めてピュアだな、
と思います。(恐らく亜豆ママンの時代でさえも、
そんなに居なかった、はず)

とりあえず、漫画のほうは、
「賞の最終選考まで残れなかった」と言うことで。

「二つの地球」、個人的には好きなんです。でも、
掲載誌がいわゆる
「多数の読者を対象としている」ので、そういう意味では
やはりきびしかったのかな、と思います。でも、担当さんが
言うとおり、
「中学生で」と言うのはこれからまだ伸び代がある、ということで。

それにしても、「新妻エイジ」。珍しい苗字だな、と思いきや、
そういえば、某地方出身で有名な演歌歌手さんにもおられますっけw。

いろんな意味で「MAD」なキャラですが…。

「アンケート1位になったら、嫌いなまんが一つ辞めさせる
権限欲しいなw。」

…これ、大人的に厳しいでしょw。恐らくは
「自分より人気ある作品」=雑誌の稼ぎ頭
であるはずだから。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 咎狗の血#6. | トップページ | 「英語版総集編 惑星ロボ・ダンガードA・1」感想。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/37656254

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。#7.:

» バクマン。第7話「涙と涙」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
「3年後には新妻エイジを追い抜いてると思います」服部さんとの出会い。当たりの編集さんであると読んだ最高と秋人。さぁ、新学期が始まる!!でも、早速波乱の予感。なんと、最高... [続きを読む]

» バクマン NHK(11/13) [ぬる~くまったりと]
第7話 涙と涙 前回少年ジャック編集部に持ち込んで名刺をもらった二人。原稿は月例 [続きを読む]

« 咎狗の血#6. | トップページ | 「英語版総集編 惑星ロボ・ダンガードA・1」感想。 »