« 咎狗の血#5. | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー#38. »

バクマン。#6.

「アメとムチ」

いよいよ作品を出版社へ持ち込むことに
なった、最高と秋人。今回は、その作品
「ふたつの地球」の「劇中劇」と、秋人の
家族の話がメイン。

秋人の家族話ですが、確かに、
「良い学校行って、大企業に就職して」
というのはもはや昔語りでしかありえない
昨今、秋人ママンの
「仇をとって」というのははっきり言って
お門違いかと。そりゃ秋人もキレる罠。
で、「ばくち人生」敢て歩ませるほどの
魅力、というのが最高の絵にはある、という。
秋人のバックボーンとしては、あるかな。

で、「二つの地球」。
…作品的には、確かに「ジャック」的では
ないwww。ストーリー構成としては、悪くないし。
でも、いずれにせよ、今の時点で
「悪くない」評価を貰った、というのは現在中三コンビと
しては幸先よいかな、と思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 咎狗の血#5. | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー#38. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/37560780

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。#6.:

» バクマン。 第6話「アメとムチ」 [MAGI☆の日記]
バクマン。の第6話を見ました。第6話 アメとムチ夜中にトーン貼りの練習をしていたシュージンはサイコーと共に遂に原稿を完成させ、ジャック編集部に電話をかける。「いよいよだな... [続きを読む]

» バクマン。 第6話「アメとムチ」 [破滅の闇日記]
バクマン。 6 (ジャンプコミックス)(2010/01/04)小畑 健商品詳細を見る  ついに最高と秋人は1作品を描き終え、出版社に連絡を入れました。さすがの秋人もこういう時は緊張してしまうようですね。持ち込みは...... [続きを読む]

» バクマン。 06話『アメとムチ』 [本隆侍照久の館]
シュージンは遊栄社に電話をし、翌日の15時に持ち込みの約束をする。 二人は13時に駅に集合することに決め、それぞれ緊張の夜を過ごすことに。 [続きを読む]

» バクマン。 第6話「アメとムチ」 [SERA@らくblog]
初めて書き上げた「ふたつの地球」を編集部に持ち込んだ最高たち。 受付で緊張しまくりな秋人が(笑) このへんは中学生ですねw 二人の原稿を見てくれたのは服部哲さん。 どう評価されるか緊張ですね! ...... [続きを読む]

» バクマン。 第6話「アメとムチ」 [隠者のエピタフ]
いざ編集部に漫画を持ち込むことになった最高と秋人。 [続きを読む]

» バクマン。第6話「アメとムチ」 [たらればブログ]
 遊栄社に持ち込みに行ったサイコーとシュージン。待ち合わせの時間よりかなり早く着いてしまった2人はファーストフード店で時間潰し。そのの間にシュージンは自分の家庭の事情を話しました。  銀行員だったシュージンの父は仕事が忙しく、高校教師の母は自分たちに勉強を熱心に教えてくれた。或る日、父が上司のミスを被ったカタチで退職させられてしまい母はシュージンに「お父さんの仇をとって」と言ってしまいます。その言葉にシュージンは「僕は道具じゃない」とキレてしまい、母は反省したのか進路について何も言わなくなったのだ... [続きを読む]

» バクマン 第6話 「アメとムチ」 感想 [あめいろな空模様]
あらすじ 「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。 服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部から最後に「今後も自分が見ていきたい」と連絡先を教えてもらうことになる。 そんな中、2学期が始まり、最高と秋人のクラスでは席替えが行われることに。 最高と隣の席になったのは…。 感想は続きから... [続きを読む]

» バクマン。 第6話 感想「アメとムチ」  [一言居士!スペードのAの放埓手記]
バクマン。ですが、真城最高と高木秋人は週刊ジャックの編集部に漫画「ふたつの地球」を持ち込みします。受付で秋人は緊張しまくりですが、最高は冷静です。担当の服部は二回くらい漫画を読んで、将来性があるとメールアドレスまでくれます。(以下に続きます)... [続きを読む]

» バクマン。(アニメ) 第6話の感想 [赤嶋情報]
今回は編集者とのバトル。 実際の漫画家の持ち込みがどうなっているかは知りませんが、 服部さんの反応を見ると良かった方なのかなという気はします。 (彼がいい人だっただけかもしれませんが。 彼以外の編集者だったら、どういう反応になるのか気になります。) バクマン。(アニメ)第6話「アメとムチ」の感想です。 BAKUROCK ~未来の輪郭線~ ... [続きを読む]

« 咎狗の血#5. | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー#38. »