« そらのおとしものf #7. | トップページ | 咎狗の血#7. »

屍鬼 #15.

「第悼と偽話」

この作品は、いわゆるカタルシスを楽しむものではなく、
最後にはどこに落とし込まれるのか、それを気長に
待ちながら、その行程に付き合っていく、というもの
かと。

尾崎先生、清信さんに「後始末」の手伝いを請いますが、
あっさりと断られ。…まあ、「人」の立場で言えば、
この場合は先生の手伝いをするのが筋、かもしれませんが。
(それにしてもかなりの精神力が要りそう;)

「正義」のもとに、とはいえ、「殺し」を容認することは
できない、と清信さん。これで二人の「道」はきっぱりと
分かれたかも。そもそも、清信さんはかなり砂子と接触
してましたから。

そんな尾崎先生が、いかに孤立していくか。今回の
メインの一つ。
役所のエピでも、周りは既に「敵だらけ」。おまけに
ラスボスその1である千鶴さまに、
「私専用ご馳走」宣言されてますし。
(いろんな意味で、グルメだなあw)

その代わり、病院では、看護士さんたちに愛想付かされて。
おまけに、いわゆる「幼馴染」たちからは相手にされず。
村の相談役会議でも、
「過去の祭礼を蘇らせる」方向に話題が盛り上がり、尾崎先生の
言葉には耳も傾けてもらえず。

八方塞の状況のなかで、夏野くん登場www。
「あんたは、一人じゃない。」
…普通にヒーローでしょ、これでは。

で、夏野君を待って、毎日花を捧げていた徹君の前には
現れずw。

行き詰って悩んでいる先生の姿は、さすがに心が痛み
ましたが。

これから、どのように「屍鬼」たちに立ち向かうのか。
見守っていきたく思います。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« そらのおとしものf #7. | トップページ | 咎狗の血#7. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/37729711

この記事へのトラックバック一覧です: 屍鬼 #15.:

» 屍鬼「第悼と偽話」感想 [おぼろ二次元日記]
あんたは一人じゃない。孤独な尾崎の前に現れたのは・・・「第悼と偽話」あらすじは公式からです。杭を心臓に打つこと─。恭子への残酷な実験によって、対抗策を突き止めた敏夫。静... [続きを読む]

» 屍鬼 #15 「第悼と偽話・静信との決別」 [マンガに恋する女の ゆるゆるライフ]
「先生は私のエ・モ・ノ♪」 役場でストリップショー!?(*`▽´*) 狙った獲物は逃がさないわよ☆という感じがムンムン。 しかしこの奥さん、若くて活きのイイ人間であれば 酒屋の息子みたいな見た目がゴリラ男でもイイってことなのか^^;  ↓  ↓ ... [続きを読む]

« そらのおとしものf #7. | トップページ | 咎狗の血#7. »