« 「人造人間キカイダー THE ANIMATION」 #11. | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている#24.(最終回) »

劇場版・「怪談レストラン」感想。

本格的に秋到来、となった秋分の日でしたが、

観て来ました。

消防の娘にせがまれて、というのが正直なところ
でしたが、少なくともアニメパートはあるらしかったので、
ほぼアコたちのためだけに行ったのですが。

実写パートは、意外なところで裏切られましたwww。

まずは、アニメパートはいわゆる
「都市伝説」の導入。ギリギリのところで
事なきを得るところは、TV版と同じ。

で。ここでネタをふっておいて。

実写パートへ。

メインたちは美少年&美少女2名づつですが、「妖怪探偵」の
ハルの妹(攫われている)にさくらまや嬢が。

登場シーンのほとんどでただならぬ存在感だった彼女w。
そういえば、実年齢的に、アコたちとそう変わらないことに
改めて驚きましたが;。この「自称」妖怪探偵姉妹と
しては、妹に軍配が上がるとして。

ストーリーは。

バイオリンを巡る、幼馴染でライバルな少年2人の
きわめてナチュラルな「厨2病」に、お化けギャルソンの
管理下?にあるはずの「悪魔」がちょっかい出して(ry)
というのがどうやら真相、だったらしく。

ハル妹=舞を始めとする「行方不明」な人たちは、皆
その「とばっちり」を喰らったことに。

少年達の言動に関して言えば、紛れもなく
「その筋」の姐さん方的には物凄く「美味しいメニュー」w。
これだけ「大盤振る舞い」されては文句も言えませんw。
(ラスト近く、男子二人が再会を喜んで抱きあう、はずの
ところに割り込むあの方、とか…どんだけw)

その代わり、というか。女子チームは、片桐はいりさん
演じるところの「学校職員のおば様」はじめとして、

まあ、すばらしい「漢前」っぷり。

近年の作品にしては、レトロな演出だった画面と相まって。

…そういえば、感覚的には大林監督の「尾道3部作」テイストが
みっちりだったような。

そこに、現代のCGは上手いこと融合。こういうところが
「老舗・東映」の底力。

お化けギャルソン=西村和彦氏をはじめとする、ベテラン陣と、
一生懸命な新人の皆さんで、結構頑張った「異色ジュブナイル」
にしあがった、とおもいます。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 「人造人間キカイダー THE ANIMATION」 #11. | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている#24.(最終回) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/36896180

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版・「怪談レストラン」感想。:

« 「人造人間キカイダー THE ANIMATION」 #11. | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている#24.(最終回) »