« メーテルさんについて、今なので語ってみる。 | トップページ | 屍鬼 #6. »

「人造人間キカイダー THE ANIMATION」 #6.

「負の断片」

アバン。ミツコさんが夢の中で、
今風にいう「爛れて」おられます。相手は
ジロー。…「機械」なのですが。

ミツコさんがギル教授にやつした
「ゴールデン・バット」に拉致られて。

監禁されたのは、どうやら
「光明寺一家」がかつて住んでいた家のあと、
らしい。

今回は、金色こうもりさんによって明かされる、
光明寺一家の過去話。

そうか、ミツコ・マサル姉弟の上には、腹違いの
兄「一郎」がいたんですか;。

そして、マサルを生んだとたんに姿を消した母。
「今日から、お前がマサルのお母さんだ。」
…まだ小学生くらいの女の子に酷な事を;。

で、お母さん。どうやらギル教授と繋がっていて。

自分の母親が、父親以外の男性と接点がある。
娘なら、聞きたくない言葉であったり。

とにかく、金色こうもりさん、よくしゃべる。彼にも
良心回路があるそうですが。

でも、このこうもりさん発言から、「家族の幻想」が
崩れだしていくような。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« メーテルさんについて、今なので語ってみる。 | トップページ | 屍鬼 #6. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人造人間キカイダー THE ANIMATION」 #6.:

« メーテルさんについて、今なので語ってみる。 | トップページ | 屍鬼 #6. »