« 仮面ライダーW #33. | トップページ | アニソンのど自慢・第二部。「ゲストアワー」(仮) »

神谷明さんと三石琴乃さんのトークイベント。

NHKアニソンのど自慢の連動企画ということで。
こちらは会場内特設ステージで、参加フリーでした。
(のど自慢のほうは、要チケットでしたので)

まず最初に。
リアルで「声優」さんを間近に見たのは、今回が初めて
だったりします。
神谷氏といえば、それこそ一番最初の「ブーム」の渦中の方
だったのですが、それでも当時、田舎の消房だったせいもあり、
そういうイベントに行くことなど、考えもしなかったわけです。

で、そのころから声優さんがメインであるイベントもたくさん増えた
のですがそれでもそっちには全く縁がなかった、という。

そういう意味では、消房だったころに自分に、今日のことなどを
タイムマシン使って話したりしたら、それこそもんどりうったであろう、
という(藁)。

三石さんは、「うさぎのひと」であり、「ミサトさん」であり、
「マリュー艦長」であり、「のび太ママ」なのですがwww。

「うさぎ」は封印されたとか噂できいていたので、今回
「思いっきり『うさぎ』でサービス、サービスゥw」は
本当に嬉しかったです。いや、
「月に代わって」を聞けてよかったw。

お二人とも、新人時代の苦労談とか、貴重なお話を。

そのあとで、「キャラのキメ台詞」お披露目。
久しぶりに聞ける、というのがどれだけ貴重かとw。

あと、「演じられてきたキャラ紹介」の中で。
「バビル二世の浩一」
「ゲッターロボのリョウ」
「ライディーンの洸」と並んで、

「ダンガードAのタクマ」がwwww。(涙)

…「この時代」で括られるとき、大概省かれてしまうことが
多かったので、どうやらリクエストが多かったことから表記
されたと聞いてw。あのころの「日曜CX7時枠」は伊達じゃないw。

この後、神谷氏のアニソンメドレーがw。
バビル~ゲッター~ライディーン
(これはミニドラマ入り。ガチでフェードイン!だったのです。
…冗談抜きでこれは凄い。消防時代の自分なら、絶対そこで
死んでます。《おい》で、曲も「俺は洸だ」でしたし。
…出来すぎだろ、ほんと。)
~キン肉マンで〆。

自分も含めて、会場には、それこそ
「ロボットアニメのヒーロー」時代から観てました、な人が
物凄く多かったのですが。(三石さんもwww)
今の子ども《娘含む》には、余り興味を引くものではなかったらしく;。
…まあこれは仕方がないとしか。リアル世代の話ではないわけでしたし。

「そのころの子ども達」が現在、社会の中枢に居るこの時代。
大人になったからこそ、分かることもあるわけで。

頑張ってきた甲斐があったな、と本当に思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 仮面ライダーW #33. | トップページ | アニソンのど自慢・第二部。「ゲストアワー」(仮) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/34508125

この記事へのトラックバック一覧です: 神谷明さんと三石琴乃さんのトークイベント。:

« 仮面ライダーW #33. | トップページ | アニソンのど自慢・第二部。「ゲストアワー」(仮) »