« 裏切りは僕の名前を知っている#1. | トップページ | デュラララ!#14. »

NHK連続人形劇 新・三銃士#34.

「反乱軍との攻防」

何だか…あっさりと主人公サイドが窮地です;。
しかも、前回はいわゆる「ドリームチームここにあり!」
みたいな展開だったのに。(三谷さんの策に落ちてるな;)

「敗ける」というのはどういうことか。ダルと一緒に
観てる側も追体験していくことになるのですが。

ポルトス。もしかして記憶喪失?かと思いましたが、それ以上に
大変なことになっていそう。そんな彼を連れて逃げるアトスも
これまた大変なのですが

アラミスとダル。おばあさんは
「息子ではなく、娘と同居」というオチかとばかり;。
…最初はおばあさんも、そんな気はなかった、と思いたいです。
身の上話をしている間に、「そういう行為」に走ってしまったのだと。
で、
アラミスは、てっきり「剣を叩き落す」ものとばかり思ってましたさ。

弾み、だと思いたい。でも、「それが戦争ってもんなんだよ!」
何だかな。ファーストガンダムでもそういうシーンが何度となく描写
されてますが、今回のこれは、それに匹敵するな。

で、ロシュ。結局はダルを逃がしたんでしょう。つか、「崖オチ」
もしくは「水落ち」は大抵助かるフラグだったりするのですが。
「枢機卿に睨まれたら、パリでは生きていけないから。」
というのが本当の理由みたいですが。

で、そのリシュリューさん。汚い大人だな、全く。
敗戦の全責任を国王に擦り付けて。

「私は、持久戦に持ち込むべきと申しましたのに。突撃指令を出された
のは、陛下ですからね!」

「余は、ただバッキンガム公が後ろにいる反乱軍に、一泡吹かせて
やりたかっただけなのに。」

…分かっていてわざといさめなかったのは、どうやら思うところらしく。

「王の代わりなど、いくらでもいるわ!」…綾波ですか;。
でも、王様の心情を汲むと;。

というわけで。ダルはともかく、ポルトスが気になります;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

« 裏切りは僕の名前を知っている#1. | トップページ | デュラララ!#14. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/34258566

この記事へのトラックバック一覧です: NHK連続人形劇 新・三銃士#34.:

« 裏切りは僕の名前を知っている#1. | トップページ | デュラララ!#14. »