« 薄桜鬼#2. | トップページ | 仮面ライダードラゴンナイト#2. »

おおかみかくし#11.

「終焉」

まだ寒いですが4月も中旬だというのに、まだこの冬季アニメは
終わらない;(BSですから;)

結局、賢木君のピカレスクものだった本編。
「恋人を亡き者にした謎の組織に単身立ち向かう
青年。大いなる謎を秘めた闇の一族に、ありったけの
知恵と勇気と行動をもって復讐に立ち上がる彼の
前に立ちはだかるものは?」

…こういう話だったら結構いい線行ったかも。
少なくとも、博士よりはよっぽど動いてましたし。

ラストのオチがそれこそ、「水落ち」であっても
別に構わないのですが、(だって中の人が水属性;)

香織さんは唐突でしょう;。それこそ通りすがりに
二言三言話しただけの相手に対して、何故にあれだけ
「恋人のように」振舞えたのか?それ以上に、

干からびていた腕の説明が何もない;;;。マナの
車椅子設定も、一体何のため?でしたし。

かなめさんは…ただの数え歌解読要員;。それ以外に
ヒロインでさえもないとは;。

本来ならば、往年の「横溝正史」ばりのミステリー展開
だったはずなのが、なにやら中途半端になってもったいない。
キャラデザの桃種さんといい、素材は物凄くよかったのに。

しかも、謎な番外編まで次回あるというし;。
でもまあ、あと一回です。

にほんブログ村 テレビブログへ

« 薄桜鬼#2. | トップページ | 仮面ライダードラゴンナイト#2. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/34230991

この記事へのトラックバック一覧です: おおかみかくし#11.:

» おおかみかくし 11話『終焉』 [本隆侍照久の館]
ダム放水の話により、混乱する町民。 そんな中、町田は、便利屋であり製薬会社の担当である賢木に騙されていたことを重三に知らせる。 気付くのが遅かったか…… [続きを読む]

« 薄桜鬼#2. | トップページ | 仮面ライダードラゴンナイト#2. »