« 薄桜鬼#1. | トップページ | 仮面ライダードラゴンナイト#1. »

おおかみかくし#10.

「八朔祭」

いよいよ「お祭」です。このお話もそろそろクライマックス。

ここで整理。
「神人」とは、旧市民。
「落人」とは、新市民。
でFA,だろう。(おい)

賢木は、ダムの決壊を目論む。目的は、婚約者を殺した
「神人」達の全滅。なので、「神人」に味方したふりを
していても、最後には寝返って。

…というよりも、賢木的には「想定の範囲内」なんでしょう。
もともと「神人」がどうなろうと(というよりは、どうかなって
しまうのを望んでるわけですから)かまわないわけですし。

その流れで行くと、「感染したので」幽閉していた一誠君の
後輩さんを「野に放ち」、「神人」の正体を暴露させると
いうのも分かりますが。

ここまでは、賢木の思惑通りです。さすがウラタロス、水を
使えば怖いもの無し(おいこら)。

…そういえば、香織さんは「巫女」として御神輿のうえに
居られましたが。

この人はどう動くのか、そろそろラストなので。
(しかしな…。3週も遅れてると、なかなかレビューも
難しいです;)

にほんブログ村 テレビブログへ

« 薄桜鬼#1. | トップページ | 仮面ライダードラゴンナイト#1. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/34125466

この記事へのトラックバック一覧です: おおかみかくし#10.:

« 薄桜鬼#1. | トップページ | 仮面ライダードラゴンナイト#1. »