« 「犬夜叉 完結編」最終回・感想。 | トップページ | 2010春期新作アニメ。 »

おおかみかくし#9.

「密室」

眠さんを幽閉した倉庫に、博士を誘い込んで閉じ込めた
賢木。

さあ、ゲームの始まりだw」などとどこまでもウラタロス
人ですが(おい)というより、
何を演じても通常の3倍な赤い人」ネタがデフォルトな池田氏の
ごとく、
何を演じても磯の香りの青い亀」ネタがデフォルトな遊佐氏
になりそうなのですが;;;。
ウラ以降、彼の演じる役はどこか「磯」フレーバーが付きまとうw。
(そう思うのは自分だけかもしれません;)

そこでの展開は、今まで見てきた人ならばおよその想像はついたもので
あり。

要するに、文字通り「人を食う」存在である「神人」さんたちが
山深い「嫦娥町」に人目を避けるがごとく住み着いた。それが
眠さんたちの先祖。

「蜜の匂い」=フェロモンとすると、「鼻が利く」事からして、
「おおかみ」などとも形容したのもむべなるかな。恐らくは、
この回の狙いどころは眠さんの「堕ちた姿」であることを思えば。

…博士はこの期に及んでも、まだ当事者意識が持てないみたいだし;。

まずは、眠パパが、「普通の父親」であったことが良かったことかと。
でも、
雨がやんで、蜜の匂いを辿ってきた」@眠パパ
という台詞から察するに、「このあたりまで」計算してたのかと
思うと、賢木。

…どんだけウラタロスなんだとwwww。

そして、「八朔祭」。これでどんなおちなのか。既にシリーズ終了した
地域の方は、もうご存知ではありますが;。

にほんブログ村 テレビブログへ

« 「犬夜叉 完結編」最終回・感想。 | トップページ | 2010春期新作アニメ。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/34022366

この記事へのトラックバック一覧です: おおかみかくし#9.:

« 「犬夜叉 完結編」最終回・感想。 | トップページ | 2010春期新作アニメ。 »