« デュラララ!#5. | トップページ | 仮面ライダーW #21. »

侍戦隊シンケンジャー#49(最終回).

「侍戦隊永遠」

最終回。分かってはいるんですけれども、殿と侍たちの
物語も、一応は一区切り。一年間、「棄て回」なしに
走り切ったと言うのは、ものすごいことかと。

前回で、「中央突破」するのみ、と言うことを言い切った
丈瑠でしたが、本当に

「中央突破」。姫による封印の際についた傷を狙う。
機会はただ一度。全てをそこに集める。

こう書くとシンプルですが、相手はあのドウコク。
一筋縄にいくはずもない。案の定、
「お前らの目の前に小娘の首を置いてやる」とか、
「命乞いじゃねえ、早く殺してくれって悲鳴をな!」とか、

いちいち決まりすぎるんだってば、殺し文句が(おい)。
このあたりからでも、ドウコクが歴代ラスボス陣と比べても
特別なポジションなのが。

で、丈瑠たちの闘いもまた、「侍」であり。
姫、丹波、そして彦馬爺さんも、それぞれできる限りの
力を尽くす。、というか。丹波さん、凄い「モヂカラ」使い
ではないですかwww。

そういえば、戦隊シリーズのラストは、いわゆる「総仕上げ」と
言うことで、素面チームがスーツ着て顔出しアクションをする
と言うのが恒例みたくなっておりましたが。

こちらでは、
「ドウコクの攻撃を受けて変身解除してしまうも、省みずに
なおかつシンケンオーの操縦をし続ける」
という燃える展開で
変身前モードでの名乗とか、攻撃とか。型破りですが、これまた
納得できてしまうところがなんとも。

全員のモヂカラ攻撃を受けて、倒れるドウコク。しかし、
「三途の川は開いてる」と言い残す。そういえば、シタリさんは
まだご存命(特別編があるからねw)。とはいえ。

まずは平和を取り戻した侍たち。
やはり、それぞれの生活に帰ってしまいますか。でも、これで
永遠のお別れ、と言うのではなく、いつも心は繋がっている
という強い絆の元に、それぞれの人生を生きる、という。

茉子姐の、ハワイの両親の元、とか
流さんの、家業に戻るとか、
千明の、大学受験のやり直しとかは良いとして。

ことはさんの、どう見ても昭和の家出娘的風呂敷包みとか
源太の、某天の道を行くライダーさんのようにパリに行くとか
まあツッコミどころはありましたが、

流さんの、「別れの舞」を背景に一人ひとり去っていき、
そして流さんもまた、という演出は秀逸でした。
流さんも、ラストの
「水属性なのに火のモヂカラ」で一刀両断といい、最後は
立派な「殿の右腕」となっていたのもまた。

「こんなに広かったんだな、この部屋。」
再び彦馬さんとの二人きりの生活に戻る丈瑠。でも、その表情には
今までのような悲壮さはなく、むしろ清清しく。

「殿以外の生活を」ならば、カルチャー教室よりもむしろアルバイト
かなwと思ってみたり。

「戦隊」シリーズそのものが、いわゆる成長物語ではあるのですが、
それでも、これからの不確定な未来を乗り越える自信を持って生きる
ラスト、と言うのはなかなかないかと。

本当に、一年間ありがとう、です。実際はまだ地方回りとか特別編とか
恐らくはゴセイジャーとのVSものとか、あと少しはあったりしますが、
スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

話としては、子ども向きだったかといえば、そうではなかったところも
多々ありました。しかし、子どもたちがいつか大人となったときに、
再びこの作品を見る機会があったとき、
「あーこれはこういうことだったのか」と分かれば、それはそれで収穫
かな、と思います。
(実際、自分も最近ある作品でそういうことがありましたw。)

最後に。一年間レビューにお付き合い、ありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« デュラララ!#5. | トップページ | 仮面ライダーW #21. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/33288347

この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー#49(最終回).:

» 今日のシンケンジャー 最終幕 [地下室で手記]
「侍戦隊永遠」ドウコクとの最終決戦。姫から志葉家のモヂカラディスクを渡された殿、使えるのは恐らく一度きりという条件のため、ドウコク目指して殿を家臣が守るフォーメーションで突破します。その甲斐あってドウコクの傷跡に一撃。しかし、ドウコクはどこまで強いんだ...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第四十九幕最終幕 侍戦隊永遠 [レベル999のマニアな講義]
『侍戦隊永遠』内容ドウコクたち外道衆が、一気に現世に押し寄せてきた。志葉家の当主となった丈瑠(松坂桃李)の下、侍も一致団結しシンケンジャーもドウコクへと挑んでいく!勝負は一回だけ、、、薫(夏居瑠奈)が、封印でつけた傷跡!!受け取った秘伝ディスクの力で、...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 最終幕「侍戦隊永遠(さむらいせんたいえいえんに)」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
昔から命を惜しまず戦うシンケンジャーが気に入らない“御大将”血祭ドウコク(声:西 [続きを読む]

» 【侍戦隊シンケンジャー】 最終幕「侍戦隊永遠」 [山南飛龍の徒然日記]
ついに終わってしまいましたね。最終幕は若干あっさりとした印象でしたが、これまでに積み重ねてきたものを想うと、実にシンケンジャーらしい幕引きでした。別れの時、流ノ介が舞っている途中で皆が去っていく場面では感無量。通常ならツッコミを入れたり、笑うところなん...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 最終幕「侍戦隊永遠(さむらいせんたいえいえんに)」 [不惑にして特撮に惑う]
決戦、そして大団円。 この場を借りてこの特撮番組に携わったすべてのスタッフ・役者の皆さまに感謝を。とても面白かったです。そして一年間ありがとう、シンケンジャー! 物語的には正に「正面突破」の最終回であり、大きな捻りやどんでん返しがあったわけではない。そ..... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 最終幕 「侍戦隊永遠(さむらいせんたいえ... [キャラ好きOYAKO!]
今週が最終回のシンケンジャー。遂に終わってしまいましたね、シンケンジャー。ドウコクは強かったですね。殿の攻撃がきかずに、志葉家のディスクが壊れるほど。ジイも戦闘に参加。丹波の「双」ディスクで烈火大斬刀の二刀流はすごかったですね。丹波、そんなディスクがあ...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 最終幕「侍戦隊永遠」 [むとちゃん的BLOG ~我思う、故に我在り~]
これで最後だと思うと悲しくなってしまう・・・シンケンジャー最後の戦いです!! 前回、封印の文字が効かなかったドウコクに、最後の手段!一発勝負の攻撃!! 前方を確保する茉子姐とことは、後ろを守る源太、そして殿の盾となる流ノ介と千明・・・ 緊迫した雰囲気が、カッコ良過ぎです!! バッタバッタとナナシ連中を斬り倒していくシーンは完全に時代劇!! しかしその攻撃もドウコクには通じず・・・どうするサムライ達!! 薫姫の怪我した身体で作ったもう1枚のディスクと、丹波秘伝の「双」のディスク! 最... [続きを読む]

« デュラララ!#5. | トップページ | 仮面ライダーW #21. »