« デュラララ!#3. | トップページ | 仮面ライダーW #19. »

侍戦隊シンケンジャー#47.

「絆」

ここにきてかの朔太郎さん登場www。解ってはいたけれども、
こうやって改めて登場、というところに、周到に用意された
伏線回収を感じます。

前回でもそうでしたが、彼は迷える流さんに、
「背中を押してやる」担当。
「殿」との「絆」は偽りだったのか?これで吹っ切れた
流さん。流れとしてはものすごく熱い。

一方、十臓兄やんとのバトルは延々と続いてましたが、
こちらもここに来て
「裏正」が動いた、という。

「この機をずっと待っていた」@兄やん。結局、兄やんは
「欲望を果たせないまま」消えることになりましたが、もしかしたら
「こうなること」を待っていたようにも。

茉子姐以下、侍たちの声と、流さんの
「炎割りの水太刀」によって、やっと「戻ってきた」
丈瑠。千明の「男子のお約束」も含めて、みんなの気持ちを
「受け入れられた」丈瑠。

一方で、姫は姫で、自分が「モヂカラ」を習得するのに気が
走り、「影」と侍たちのことにまで行き届かなかったことを
わびて。
(姫にハリセン渡したのは朔太郎さんでしょうがw)
この様子を見ていた源太と和解。
「寿司屋でよければ」・・・これが全てでしょう。しかし、
姫レッドとゴールドによる巨大戦。思い切り「象徴」です。

そして、地上では改めて「絆」を築いた丈瑠たち。
いろんな意味で「向かうところ敵なし」です。
最終局面でものすごいどんでん返しがありましたが、
「積み重ね」は無駄ではない、というメッセージは
確かに受け取りましたw。

薄皮姐さんのほうも、三味線=新座(昔の男)を斬らせることに
より、「過去を棄て」、ドウコク=今の男を選ぶという。

「戻ったぜ、太夫!」…相変わらずヒーローなドウコクさんだw。

こうやって見ると、本当に30分枠の番組のエピなのか、というくらい
密度濃い内容です。今見ている「小さいお友達」も、いずれ大人に
なって何かの機会にこの作品を見返すことがあれば、改めていろいろと
思うことがあるんだろうな、と。

追記。
そんなわけで、「ファイナル」のチケットですが、思い切り売り切れて
ました;;;。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« デュラララ!#3. | トップページ | 仮面ライダーW #19. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/33114723

この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー#47.:

» 侍戦隊シンケンジャー 第四十七幕「絆」 [MAGI☆の日記]
侍戦隊シンケンジャーの第47話を見ました。第四十七幕 絆丈瑠は長かった嘘が終わった後、何も見つけられずに十臓との戦いに没頭していた。源太から何もないと言っていた丈瑠の様子を聞いた茉子、千明、ことははいてもたってもいられずに丈瑠の元へと急ぐ。だが、流ノ介は...... [続きを読む]

» 今日のシンケンジャー 第四十七幕 [地下室で手記]
「絆」殿が影武者であった事が発覚してからの、殿の虚脱と家臣の困惑。これにようやく終止符をうち、次に踏み出す事になる話になりましたね。十臓と一騎打ち。影武者という偽りの存在を演じてきた事により、全てが無に帰した殿がこれだけは本物であったと信じられるものは...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第四十七幕「絆(きずな)」 [不惑にして特撮に惑う]
「空っぽ」になってしまった丈瑠の、見失っていた真実。そしてそれは、人の道を外れた者達にも及ぶ。心情を揺さぶる葛藤決着エピ。 嘘。他人に命を賭けさせてしまう、大きな嘘の上に成り立っていた関係。それは砂上の楼閣だったのか。丈瑠と十蔵の対比が素晴らしく、思わず..... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第四十七幕「絆-きずな-」 [あくびサンの、今日も本を読もう♪]
十臓と戦う丈瑠の元へ駆け付ける、千明・茉子・ことは。うー、頑張って走ってる(^^;侍としての自分が邪魔をして動けずにいる流ノ介に、1人の黒子が声をかけました。面を外したその人は・・・あのカジキの時の朔太郎さん!「あの殿なら命を預けて一緒に戦える」そう言った...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第四十七幕 絆 [レベル999のマニアな講義]
『絆』内容丈瑠(松坂桃李)は、十臓(唐橋充)との戦いに没頭していた。。。。。源太(相馬圭祐)から聞いた茉子(高梨臨)千明(鈴木勝吾)ことは(森田涼花)の3人は、丈瑠の元へと。。。。急ぐ。流ノ介(相葉弘樹)は、“侍”として動けずにいた。そんな流ノ介に声を...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第47幕「絆」 [しるばにあの日誌]
(東映スーパー戦隊シリーズVol.33 #1676) [続きを読む]

» 特撮で本気で泣きそうになったの、何年ぶりだろ… [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 多分、斬鬼さんが天に帰る回以来だよ。日本テレビ史に残る名シーンだ、アレは。バンダイS.I.C.極魂仮面ライダー斬鬼(X0402)  つー事で、1日遅れの「シンケンジャー」第47話。 いやいやいや、やってくれたねぇ靖子ニャン。今まで張ってきた伏線を、ここまで見事に...... [続きを読む]

» 【侍戦隊シンケンジャー】 第四十七幕「絆」 [山南飛龍の徒然日記]
実に密度の濃い回でしたね。よくぞこれだけのものを1度の放送に集約できたものだと、感心させられる充実ぶりでした。十臓と激闘を繰り広げる丈瑠必死で丈瑠の元へ向かう茉子・千明・ことはひとり悩む流ノ介と、その流ノ介に心を決めさせる朔太郎姫と一緒に戦う源太ついに...... [続きを読む]

» 【侍戦隊シンケンジャー】 第四十七幕「絆」 [山南飛龍の徒然日記]
実に密度の濃い回でしたね。よくぞこれだけのものを1度の放送に集約できたものだと、感心させられる充実ぶりでした。十臓と激闘を繰り広げる丈瑠必死で丈瑠の元へ向かう茉子・千明・ことはひとり悩む流ノ介と、その流ノ介に心を決めさせる朔太郎姫と一緒に戦う源太ついに...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第四十七幕「絆(きずな)」 [JAOの趣味日誌]
テレビ朝日|侍戦隊シンケンジャー 長かった嘘が終わった後、そこに残るもの。 本当に丈瑠には十臓との戦い しかないのだろうか? 再び登場朔太郎さん。 いいこと言ってくれた。 侍として守るべきは姫。 しかし流ノ介が命を預けたのは 志葉家当主という器ではなく、丈瑠、その人だったはず。 その言葉に流ノ介の迷いは消えた。 丈瑠VS十臓の戦いは終わった。 流ノ介・千明・茉子・ことはの思い。 自分たちが命を預け、預かった殿は、ここにいる丈瑠ただ一人。 志葉家の当主でなくても、丈瑠は丈瑠。 それは... [続きを読む]

« デュラララ!#3. | トップページ | 仮面ライダーW #19. »