« 魔術師マーリン#5. | トップページ | そらのおとしもの #5. »

コメントへのお礼。

最近、神谷明氏ご本人のブログにちょくちょくコメント
入れに行っているのですが。(おい)
(世間的には小五郎さんの中の人ですが、このブログ的には
一文字さんや、アーサー王子の中の人です。)

今回、ご多忙な中、コメ返しをいただきました。
いや、本当に恐れ多いことです。

このブログは基本「日曜朝枠」をメインとする感想サイト、
という形を取ってますが、時々過去作品のレビューもやってます。
一通り感想あげて以降、現行作品へのネタフリなどにしばしば作品を
取り上げることもあり。

(最近では「ダンガードA」と「燃えろアーサー」が定番化しつつ
あります;)

で、両者の共通点ですが。

今メイン張ってる「SHT」とは放送局や時間は違いますが、
「日曜枠の東アニ作品」であったのと同時に、

主人公の中の人が神谷氏であった。

というのがあります。偶然だったのですが、当時の自分が
いかに氏の演じられるキャラに惹かれていたかが判る次第。

しかも、ここらあたりは後に「ジャンプ路線」といわれる
作品群とは違って、余り語られることもなかったりするわけです。
(リア時はかなりファンがいたのですが)

まーいいや。自分好きだったし。いい機会だからレビューしよう。
そんな感じでやってたのですが。
改めて「リアル中の人」からコメント頂けるとは思っても見なかった
訳です。

その中にて。

>>ダンガードAは色々な思い出がありますが、キャプテンとの物語は良く覚えています

視聴率的には、キャプテン退場の後、トニー・ハーケン「降臨、満を持して」な
後半のほうが良かったらしい。なのですが、大人になって観たら、思うところが
多々あったのは前者のほうだったり。自分が結婚して、子どもが出来て「親」になった
せいもあったからなのでしょうが。

また、
>>古川登志夫さんとの出逢いの作品でもあります。

これは「レギュラーとして」、という意味に受け取ってます。以前、他のブロガーさんの
ところで、
「中の人的には、「あたると面堂」の関係は「ダンガードA」まで遡れる」といった
趣旨のことをコメントしたことがありました。

もしかしたら、ご本人から「お墨付き」を戴いたことになるのかもw。
凄いことです。ひょうたんから駒、とはまさにこのことかも。

改めて、お心遣いに感謝いたします。

本当に、コメント返しをありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログへ

« 魔術師マーリン#5. | トップページ | そらのおとしもの #5. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/32062279

この記事へのトラックバック一覧です: コメントへのお礼。:

« 魔術師マーリン#5. | トップページ | そらのおとしもの #5. »