« フレッシュプリキュア!#41. | トップページ | こばと。#7. »

魔術師マーリン#8.

「ドラゴンの警鐘」
最初に結論。

モードレッドktkr。というか、先週の「アヴァロン」といい、
何かと大盤振る舞いなこの作品。

とりあえず、「ドルイド」と呼ばれる、魔法を使う者達の
子どもを、ウーサー王の目を逃れさせるまでのお話。

とにかく、「テレパシー」でマーリンと交信したり、色々と
あるのですが、何よりも。

モルガーナ姫の、モードレッドに対する執着が凄い。
「こんなに気になるのは初めて。絆を感じるの。」
「姫が誰かのためにこんなに一生懸命になる姿は
初めてだわ。」

…きっとこのあたりに、モルガーナ姫とモードレッドの
関係があるはずw。

とにかく、何故ウーサー王は「ドルイド」を嫌うのか?
単に「魔法を忌み嫌う」だけではない気がしますが。

で、お父ちゃんがはっきりしてくれないからw、疑心暗鬼に
なるアーサー。結局最後まで「ネタバレ」せずに。

で、肝心のマーリンは。
ドラゴンに、「子どもを助けるな。絆が壊れる。」と警告されてましたが、
結局、モードレッド本人の問いかけに答える形で。

今回。モードレッドは無事仲間の下に帰りました。けれども、これが
伏線かと思うと。

次回。ありえない状態でトリスタン登場www。

にほんブログ村 テレビブログへ

« フレッシュプリキュア!#41. | トップページ | こばと。#7. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/32332548

この記事へのトラックバック一覧です: 魔術師マーリン#8.:

« フレッシュプリキュア!#41. | トップページ | こばと。#7. »