« 燃えろアーサー・白馬の王子 #4 . | トップページ | 仮面ライダーW #9. »

侍戦隊シンケンジャー#37.

「接着大作戦」

このところ発売されてる関連商品の図柄が、ことごとく
赤&
だったりする今日この頃;。も宜しくねw、と
言うメッセージなのかどうかは判りませんが、とりあえず
そんな二人の
強引に」コンビ回www。

まずは、アヤカシ「モチベトリ」が結果として
「くっつけ婆」ポジだったのは言うまでもなくw。

どちらかというと性格は真逆な、流さんと千明が
未曾有のアクシデントに巻き込まれて、試行錯誤する間に
「絶妙のコンビネーション」を会得する。そういえば、
これは少年ものの王道ではあります。

「何も出来ないから」二人でお買い物に行く」、という案は、
確かに流さんならではだし、かといっていくら薔薇の花
咥えて見せても
「綺麗目な男子二人が踊りながら歩く図」というのは
さすがに世間はひくでしょうし。
(ある意味大サービスだったりいたしますがww)

「目立たないように」自分を台車で運ぶように演出したのは
千明の提案。今までの蓄積があったからこそ、かと。

二人のコンビ攻撃。久しぶりに個人の獲物も見せてもらえました。
巨大戦は…サムライハオーが出なかった、というだけで、結構
パワーバランス厳しくもありましたがw。

無事、「コンビ解消」しても、流さんと千明の行動がシンクロ。
姐さんとことはさんの、いわゆる「ガールズトーク」がどんなもの
だったかを知りたいと思ったのは自分だけかと(おい)。

で、次回はまさかの彦馬さんメイン回w。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 燃えろアーサー・白馬の王子 #4 . | トップページ | 仮面ライダーW #9. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/32135127

この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー#37.:

» 今日のシンケンジャー 第三十七幕 [地下室で手記]
「接着大作戦」今回は流ノ介と千明がモチベトリに両手をくっつけられてしまったお話ですね。くっつけられる前、屋敷で箪笥を運ぶのに息があっていたりと、一見正反対な2人も仲間としてやっている間に、随分となじんだんだねぇというところから、手が繋がれるとケンカに発...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十七幕 接着大作戦 [レベル999のマニアな講義]
『接着大作戦』内容意外と気があっている流ノ介(相葉弘樹)と千明(鈴木勝吾)そんな中、アヤカシ“モチベトリ”が、街で暴れだす。駆けつけたシンケンジャーであったが、モチベトリの攻撃により流ノ介と千明の腕どおしが繋がってしまった!!倒さなければとれない!?丈...... [続きを読む]

» シンケンジャー第三十七幕感想 [絶対無敵?ラリアット日記!(左利き)]
侍戦隊シンケンジャー第三十七幕「接着大作戦」今回は流ノ介と千明がくっ付いて離れなくなった話。トイレはどうするんだろう?と思っていたらちゃんとそのシーンがありましたねお互いに自分に足りない所を認めたシーンは良かった。アクションは感心しましたが内容的...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十七幕「接着大作戦」 [MAGI☆の日記]
侍戦隊シンケンジャーの第37話を見ました。第三十七幕 接着大作戦気があった様子で屋敷の箪笥の移動の手伝いをしていた流ノ介と千明だったが、現れたアヤカシ“モチベトリ”の放った粘着室の物質によって手錠のように繋がれてしまう。流ノ介と千明は粘着物質を取ろうと試...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十七幕「接着大作戦」・・・でダブル... [あくびサンの、今日も本を読もう♪]
黒子ちゃんでも転ぶんだねぇ(^^;タンスを運んできて足をひねり落としそうになった黒子に代わり、息ぴったりに受け止め運ぶ流ノ介と千明。外道衆との戦いもいい感じ・・・と思ったら、アヤカシ・モチベトリ言うところの「とっておきの技」で両腕がぴったりくっついちゃいま...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十七幕「接着大作戦(せっちゃくだいさくせん)」 [不惑にして特撮に惑う]
敵の攻撃によって、両手をくっつけられてしまう流ノ介と千明。コミカルな展開と見事なアクションが楽しいエピ。 予告を見たときから、大体のお話の想像は付くエピと言えばそうだと思う。生真面目な流ちゃんと自由人の千明。初っぱなから結構息が合ってる二人に、それを微..... [続きを読む]

« 燃えろアーサー・白馬の王子 #4 . | トップページ | 仮面ライダーW #9. »