« アスラクライン2 #2. | トップページ | 仮面ライダーW #7. »

侍戦隊シンケンジャー#34.

「親心娘心」

茉子姐さんのお父上が娘を迎えに。何でも、
「親子3人でハワイで一緒に暮らそう。母上の体も
随分良くなったから。」ということらしい。

で、ここで分かったこと。
・先代ピンクは茉子母君であった。
・茉子姐は、お祖母様に「侍」となるべく育てられた。
・両親がハワイに移り住んだのは、先の戦で心身ともに
ひどく傷つかれた母君のため。

白石家は歴代「シンケンピンク」を引き継ぐために
女系一族なのかと。それよりも、敢て今まで描かれてなかった
茉子姐さんの過去が明らかに。

「自分は両親に置き去りにされた」と思い込んでいたゆえに、
「弱い人萌え」状態になってたのかと;。

こんなときのアクマロの作戦がまた、いい具合にえげつなくw。
子ども達をさらって、賽の河原で石を積ませ、崩しては嘆き悲しませて
三途の川の水を増やすという。

行方不明になった子どもを必死になって探す親達。
それでも、娘をハワイへ連れて浮こうとする父上。
「親の気持ちが分からないの?」
「分かるよ。身勝手な親だからな。子どもを安全な場所に
連れて行きたいんだよ。」

茉子姐、「自分は侍だから」子ども達を守る道を選ぶ。

まだ幼かった茉子姐をお祖母様の下に預けたのは、車椅子生活に
なってしまった母上のことで手一杯だったから。

やっと両親の思うところが分かった茉子姐。あのときには、自分の
「安全な場所」は両親の元ではなかったのだと。

再びスーパーシンケンピンク。しかし、本当に白い裃が似合います。
今回は特に「吹っ切れた」感とあいまって。これほどに「男前」な
「ピンク」は茉子姐さん以外にいないような。

そういえば、今回はアクマロさんだけでアヤカシがいない。さてどうなるか
と思ってたら。

「切神トラップ」発動。そういえばいたなそんなの。と思いつつ。
巨大ロボ三体で一気にカタ。

姐さん、母上様と久しぶりの対面。て、母上の中の方は、この枠的には
「かつてポニーテールでドラムスティックを振り回していた、
激獣レオパルド拳の使い手」
であります。(おい)
その上に、「先代シンケンピンク」だったとは;。あまりにも無双すぐる;。

というか。
「それだけのスキルがある女性が車椅子生活を余儀なくされる」こととなった
くらい、外道衆との闘いが壮絶なものであると容易に思われて。

(あくまで中の人としての視点ですが、そこまで最強設定な上での
あえて近年レギュラーされてた方の再登場です。普通の母子設定だと
若手さんが母上の中の人にオーラ負けする可能性も否定できず;。
よって、母上様にハンデ付けていただいたのではないかという見方も)

母娘の抱擁により、やっと和解できました。
絵的に、母娘の違和感がないのがまた凄い。

(この枠での「かずえ伝説」がまた一つ増えたようなw。)

一方、アクマロの「用心棒」となった二人は、余り出番なし。
まあいいや、薄皮姐さんと十兄やんがいれば。

さて、次回は「11体合体」www。
昨年のおじゃる姫的に
「まだ合体するでおじゃるか;」でありますwww。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« アスラクライン2 #2. | トップページ | 仮面ライダーW #7. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/31841446

この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー#34.:

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十四幕「親心娘心」 [MAGI☆の日記]
侍戦隊シンケンジャーの第34話を見ました。第三十四幕 親心娘心志葉家の屋敷に、ハワイに住んでいる茉子の父親・衛が訪ねてくる。「どうしたの?急に」そして、衛は先代のシンケンピンクである母・響子も望んでいるとシンケンジャーを辞めてハワイに一緒に住もうと茉子を...... [続きを読む]

» 今日のシンケンジャー 第三十四幕 [地下室で手記]
「親心娘心」今回は茉子姐さんの家庭についてですね。侍として育ったが故に普通の生活の象徴として、お嫁さんに憧れる茉子姐さんですが、両親と離れ離れに暮らしていたというのも憧れの一因だったんですね。ハワイからやってきた父親にハワイで家族一緒に暮らすためにシン...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十四幕 親心娘心 [レベル999のマニアな講義]
『親心娘心』内容志葉家を茉子(高梨臨)の父・白石衛(冨家規政)がやってきた“シンケンジャー辞めて、一緒にハワイに行こう”前のシンケンピンクでもある母・響子(伊藤かずえ)も了承しているという。戸惑う茉子。そんな中、武国町の学校に外道衆が現れる!!ナナシ連...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十四幕「親心娘心-おやごころむすめご... [あくびサンの、今日も本を読もう♪]
志葉家に茉子を訪ねやってきたのは、なんと彼女のお父さん!「こんなにキレイになってー!」お・・・お父さん、人前で娘に言う事じゃないって。そんなに長い事会ってないのか?「そしたら、前のシンケンピンクさんですか?」ことはの問いに笑い出すお父さん。「シンケンピ...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー  第三十四幕「親心娘心(おやごころむすめごころ)」 [JAOの趣味日誌]
テレビ朝日|侍戦隊シンケンジャー 外道衆との戦いよりも、茉子の過去がメインとなった今回。 最後は母響子と再会して、本当の意味で母からシンケンピンクを 受け継いだ。 それにしてもアクマロの行動。 太夫と十臓を味方に入れた真の目的が気になるところ・・・・・ 人気ブログランキング   ←応援クイックよろしくお願いいたします。... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十四幕「親心娘心」 [『真・南海大決戦』]
先代のシンケンピンクはレオパルド拳の使い手で、刀の代わりにドラムスティックを(ry [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十四幕「親心娘心(おやごころ むすめごころ)」 [不惑にして特撮に惑う]
茉子の過去エピ。親子のすれ違いと和解を描いたしみじみとした話。 大抵女性キャラの元に親が来ると、お見合い写真を持ってくるもんだけど(笑)今回は単純に「危ないから戦いを辞めろ」って理由だったね。 前にも千明で「いきなり父が訪ねてくる」というシチュがあった..... [続きを読む]

« アスラクライン2 #2. | トップページ | 仮面ライダーW #7. »