« フレッシュプリキュア!#33. | トップページ | 「名探偵コナンW」 »

真マジンガー衝撃!Z編 #25.

「逆転!バードスの落日!」

第一話からしてマジンガー軍団やらZやらがボロメタにやられている
ところから始まったこのお話。ついにここまできてしまったかと
思いきや。

ミスリードでしたか。

で、ドクターヘル自らが語ってます。
「この闘いは、最初から相手を騙してばかりだった。」
…こういう台詞がラスボスから聞かれるとは。視聴者的には
どう反応してよいのやら。

確かに、そのとおりではありました。
「いかに、相手を(敵味方にかかわらず)騙すか。」というのが
すべて。そういう意味では、
「よくも甲児を4回も騙したな!」@ボス
なあしゅら男爵はむしろ、
「たった4回しか騙してない」ということで「正直者」の部類だったかも。
(とりあえず、数えていたボスはたいしたもんだ。)

破壊された光子力研究所の地下には、科学要塞研究所が。
死んだと思われていた皆さんは、全員生存。
マジンガー軍団は、実は量産型。
女将は生きていて。
剣造博士はもはや「ケドラの首」状態に。

言われてみれば、
「如何に相手を出し抜くか」というのはこういったバトルでの
お約束みたいなものですが、「それしかない」というのも
また極端な話で。

今回の「手の平返しな人」。
弓博士かとw。
科学要塞研究所の存在をあれほど忌み嫌っていたにも
かかわらず、さやか=ビューナスAがピグマン子爵に
あーんなことやこーんなことをされそうになったとき、
(ロボにたいしてどーかしても仕方ないと思うのですが、
どうみてもエロ親父だな、アレは。ちなみにさやかさんは
『18歳未満』だから(ry))

「私の娘に何をする!」光子力ビーム総攻撃www。
…いや、見直しましたw。

なんか思い切り超展開で破壊されたバードス島ではありましたが
ドクターヘル的には「返ってそのほうが都合がいい」そうな。
で、次回。ついに最終決戦。
「ロケットパンチ百連発!」
…なんかとっても今川さんだw。
にほんブログ村 テレビブログへ

« フレッシュプリキュア!#33. | トップページ | 「名探偵コナンW」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/31481630

この記事へのトラックバック一覧です: 真マジンガー衝撃!Z編 #25.:

» W(ダブル)とかシンケンとか [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【真マジンガー 衝撃!Z編 第25話】「突然出た!!」という玄田哲章のナレーションに吹いたwただ、内容的にはピグマンとブロッケンのあっけない退場に物足りなさを感じたなあ。ボスボロットの登場は格好良かったけど、その格好良いシーンの次の瞬間にやられちゃう展開も、ど....... [続きを読む]

« フレッシュプリキュア!#33. | トップページ | 「名探偵コナンW」 »