« 涼宮ハルヒの憂鬱#20. | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー #26. »

第41回 NHK思い出のメロディー

http://www.nhk.or.jp/omoide/

今年も見てました。
幼少のころは、
「こんな古臭い歌、聴いてられへんわ;」
だったのが、今では
「これ、今のあなたくらいのときに流行った歌やし。」
と娘に解説している自分がいるwww。

実際、「ザ・ベストテン」で聞いた曲がかなりあったりするんですね。
…まあ、昭和50年代といえば、30年近く昔にさかのぼりますから、
当然といえばそうなのですが。

そういう意味では、自分がまだ幼いころ、すでに「懐メロ」だった曲を
今回でも披露してくださった方々は、本当にすごいです。

で、HPでも紹介されてますが、今年は特に、
「御大方」をこちらに持ってこられたらしい。先日の某番組での
若手中心構成だった理由がわかったり。

佐々木功氏が「宇宙戦艦ヤマト」
水木一郎氏が「マジンガーZ]
堀江美都子さんが「ひみつのアッコちゃん」

ミッチ姫は、本来なら某飴×2がくるんでしょうが、やはり
権利関係なんだろうな;。でも、初代(おい)アッコちゃんという
選択はよかったと思います。
そういえば、「変身コンパクト」、持ってましたwww。
娘には、
「ジュエルペットの後の歌の人やし。」と説明。

で、巨匠お二人は。
…さすがNHK.よく「分かって」いらっしゃるとしか。
「マジンガー」は、それこそ今川版が進行中。ある意味
タイムリー中のタイムリー。つか、「ロボットアニメ」の
代名詞でもありますから、これはすでに。

曲のバックに、作品紹介が。甲児君がヒーローだw、とか
あしゅら男爵が怖いwとか。いろいろありましたが。

「ヤマト」ですが。
…すでに言うことないですw。なぜかうちの母が一緒になって歌ってましたw。
バックのフィルムは、過去作品から。(決して復活編からのPVではない)
いわゆる「名場面」セレクトですが、「初ワープ」での
森雪さんは…さすがになかったです。(おい)

つまり、かつての「子供達」が、そういう年代になってきてるんですね。
一つの文化。
後で、「狼なんか怖くない」@石野真子、というか、スワンさんwも
登場されましたが、この曲でストライクだった人たちが、「現場」世代に
なり、
「あのときのキャラでキャスト」企画が上がり、おkが出て、オファーされる。
しかも、結構受けてくださる。

若いころの努力は、決して無駄ではない。

ここでもまた、痛感いたしました。

「学園天国」@フィンガー5、というのもありましたが、
今回オリジナルメンバーはヴォーカルだったアキラだけ。
一時期、体調崩されてた時期が逢ったらしいのですが、往年を
知るもの的には、及第点でした。
何気に、JAMあたりを意識されてるかと思ったり。

大昔、CX系の歌番組で、
「夏休みテレビ漫画特集」と銘打った回にて。
「大空魔竜ガイキング」のOPを顔出しで歌われた
いさお氏を覚えている身といたしましては、感慨深いです。

きっと、いろんな家庭で、

「これ、お父ちゃんやお母ちゃんがあんたくらいのとき、

めっちゃ好きで見てたんや。」という会話がされていたに違いないw。

にほんブログ村 テレビブログへ

« 涼宮ハルヒの憂鬱#20. | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー #26. »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/31065136

この記事へのトラックバック一覧です: 第41回 NHK思い出のメロディー:

» ジュエルペット DS 〜かわいい魔法のファンタジー〜 [ジュエルペット DS 〜かわいい魔法のファンタジー〜 ]
ジュエルペット DS 〜かわいい魔法のファンタジー〜 の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ジュエルペット DS 〜かわいい魔法のファンタジー〜 」へ! [続きを読む]

« 涼宮ハルヒの憂鬱#20. | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー #26. »