« 銀河鉄道999・最終回 | トップページ | バスカッシュ!#14. »

二つのスピカ #3.

「地球は青かった」

「人が宇宙に行く時代は、もうじき終わる。」
「人が宇宙で死ぬのを観るのは、もうたくさんなんだ。」

ロボット工学科の桐生さんのお父さんは、念願の
「宇宙パイロット」になって、

獅子号の事故で亡くなった。

ロボットで全て用が成されるのならば、人間が宇宙へ向かう
必要はない。

桐生さんと、アスミの幼馴染・府中野君との「思い」が
よく分かる回でもありましたが。

「私が宇宙に行きたいのは、小さいときからの夢だからです。」
…確かに、「大事な人を失いたくないから」に対する理由付けと
しては、弱いかも。せめて、

「父さんの果たせなかった夢を、代わりに果たしたいからです。」
位はないとw。
(って、何処の一文字さんだwwww)

そんな中、選抜チームとロボット工学科が開発したロボット
「ハルク3」による

校内の猫探し

が始まる。アスミ、秋、マリカに、オペレータとして府中野。

個人的に、ここが一番燃えました。
「人間が機械に負けてたまるかよ!」ということで。
(またも一文字さんw。かぶるなあ)
ハルクのデザインは、「タイノエ」♀っぽくて、やはりあれなのですが、
機能的にはあんなものになるんでしょう。

現場的には、ロボット対選抜チーム。
オペレータ室では、桐生対府中野。
なかなかここの「静かな戦い」も、見物ではありました。

結果。
「人には、AIにはないものがある」ということで、
「宇宙に、人が行く意義」をアスミ自らが証明した形に。

でも、府中野は
「宇宙飛行士になることをやめる」宣言をアスミに。
…桐生さんの心境が分かったのだろうかと。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 銀河鉄道999・最終回 | トップページ | バスカッシュ!#14. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/30378663

この記事へのトラックバック一覧です: 二つのスピカ #3.:

» 「ふたつのスピカ」第3話 [日々“是”精進!]
   第3回「地球は青かった」宇宙飛行士コースと機械工学科との合同訓練が行なわれることになり、アスミは憧れていた桐生に会えるチャンスが増えると喜ぶが、桐生はなぜかアスミに冷淡な態度をとる。宇宙で活動するロボットの開発に取り組んでいる桐生は「人間が宇宙に...... [続きを読む]

» NHK「ふたつのスピカ」第3話:地球は青かった 〜人はなぜ宇宙へ行く? [伊達でございます!]
今回の訓練では宇宙飛行士コースから3名が選抜され、そのリーダーが管制官役を指名しましたが、この課題では管制官役のほうが高度な技量が求められるのではないでしょうか。 [続きを読む]

» ふたつのスピカ (向井理さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆向井理さん(のつもり) 向井理さんは、毎週木曜よる8時「NHKドラマ8」枠で放送されている連続ドラマ『ふたつのスピカ』に桐生春樹 役で出演しています。一昨日は第3回が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

« 銀河鉄道999・最終回 | トップページ | バスカッシュ!#14. »