« しゅごキャラ!!どきっ #86. | トップページ | シャングリ・ラ #10. »

アスラクライン #10.

「刻の鎖につながれて」

前回登場した「アスラクライン」隆也はニアをさらう。
理由は、「スプリッタ」を起動させるため。
これは、「ぺリアル・ドール」を「アスラマキーナ」から分けるための
装置。作ったのは、ニアの姉のクリスティナ。

隆也はクリスティナと「契約」して「アスラクライン」なのですから、
あーそういうことですか。

力を使いすぎて瀕死の状態である姉の代わりに、妹を身代わりにして
スプリッタ起動を試みる隆也。
近づいて破壊をもくろむも、先読みされて、触手に拘束(お約束)
されてしまうニア。

そこに駆けつける智春たち!相変わらず朱浬さんはいい破壊っぷり。
隆也、「薔薇輝」召喚。智春も「クロガネ」召喚し、アスラマキーナ
同士の戦いになりますが。

「薔薇輝」の鎖に拘束され、「時を止められて」しまう。

スプリッタを起動させるための儀式が始まる。
町じゅうの「悪魔」を犠牲にする。
姉妹はスプリッタの中へ。
「ここならまきこまれないから。」

命を削って貢いでも、相手はまるまるそれを他の女に貢いでる、
という状況です。(他のブロガー様からの。言いえて妙でした。)
救い出す「ぺリアルドール」の存在がそれほど大切なのか。
隆也だけでなく、クリスティナにとっても大事なのか。

クロガネの力が及ばないその時、はる奈登場。アスラマキーナ
「亜鉛華」投入ですが、彼女のいかにもな京都弁がwww。

薔薇輝に止めをさそうとしたその時、クリスティナが立ちはだかる。

「嵩月は、道具じゃない。」
隆也に、なぜ「アスラクライン」にならないかの理由を問われた
時の答え。ものすごくかっこいいです。

でも、それが解決にはならない。
隆也の意味深な言葉。

薔薇輝のぺリアルドールは、どうやら新屋敷琴里。クリスと同じ時期に
実習に来ていた人。操緒だけは会話ができるみたいでしたが。

少しだけ姿が見えましたが、どうやら彼女は「分離」を望んでないようです。

姉は、自分の居場所は「ここ」=隆也のそば、だという。

「私の居場所は」ニアの場合。

智春たちのいるところ。

さて、これでニアが智春たちの「仲間」になりましたが。
操緒もいますから、いずれ智春にも考えなければいけなく
なるような。

そういえば、これ1クールだそうですが。
次々とキャラ投入して、風呂敷畳めるのかと心配です。

アスラクライン〈12〉世界崩壊カウントダウン (電撃文庫) アスラクライン〈12〉世界崩壊カウントダウン (電撃文庫)

著者:三雲 岳斗
販売元:アスキーメディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そういえば、一度世界崩壊してましたっけ。忘れてました。

にほんブログ村 テレビブログへ

« しゅごキャラ!!どきっ #86. | トップページ | シャングリ・ラ #10. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/30022064

この記事へのトラックバック一覧です: アスラクライン #10.:

» アスラクライン EX010「刻の鎖につながれて」 [無限回廊幻想記譚]
魔神相剋者(アスラ・クライン)である加賀篝隆也からの誘いを断った夏目智春。アニア・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クレウゼンブルヒが彼に連れ去られてしまう。そこで急いで黒崎朱浬に連絡をとり、彼女と合流する事に。水無神操緒は「彼を止めて」という声を耳にする。相変... [続きを読む]

» アスラクライン EX010「刻の鎖につながれて」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
魔神相剋者(アスラ・クライン)である加賀篝隆也からの誘いを断った夏目智春。 アニ [続きを読む]

» アスラクライン EX010 「刻の鎖につながれて」 [つれづれ]
 クリスティナが何で隆也に従っているのかよく分かりませんね。前に操緒が言っていたように二股状態にしか見えないですしね。それ以上に隆也を想っているということなのでしょうか。 ... [続きを読む]

» アスラクライン EX010 [パズライズ日記]
スプリッタを起動させようとする加賀篝を止めに行くお話でした。 クルスティナは何だかんだで自らの意思で加賀篝に協力、こういう健気さは好きですよ。 アニアも最終的には納得して智春達の所という居場所も感じて、良かったと思います。 アニアをさらわれた智春達はま....... [続きを読む]

» ◎アスラクラインEX010『刻の鎖のつながれて』 [ぺろぺろキャンディー]
ニアが、カガカガリタカヤに誘拐される。なんか早口言葉みたいな苗字だな。夏目は、シュリさんに知らせる。なんかシュリさんって、ジャムおじさん的な存在だな。タカヤは、ニアにスプリッタをみせる。なんかやばいものらしい。そしてニアは姉のクリスティナと対面。もう長...... [続きを読む]

« しゅごキャラ!!どきっ #86. | トップページ | シャングリ・ラ #10. »